AI関連知財トレンド

WIPOによるレポートで人工知能に関する特許ランドスケープが見えてきました。今回はそのレポートからわかった10つのポイントをお伝えします。

1.AI関連特許は2013年から急増

AI技術自体は1950年からありましたが、AI関連特許が増えてきたのはここ最近です。2013年以降の伸びは顕著で、2012年から17年まで、毎年年間で28%も増えています。

2.AIの中でも機械学習の分野が多く、成長も早い

機械学習の分野はAI関連特許の40%を占めていて、もっとも出願されている分野になります。また、特許数の伸びも顕著で、2011年から16年まで、毎年年間で26%も増えています。

3.AI適用では流通と通信がトップ

AIは様々な業種に適用されることが見込まれていますが、特許明細書を見る限り示されている用途には流通と通信が多いようです。その他にもセキュリティ、パーソナルディバイス、生命化学、医療の分野での応用も多く示されています。

4.中国が最初の出願国としてトップに

アメリカを僅差で退けて、中国が最初の出願国としてトップになりました。ということは、中国の企業が積極的にAI関連特許を出願していることになります。

5.国際出願率が高い

AI特許の場合、自国のみで権利化するだけでなく、他の国でも権利化を試みる割合が高いです。アメリカで最初に出願された特許の32%、日本で最初に出願された特許の40%が海外にも出願されています。

6.IBMとマイクロソフトがトップ2

AI関連特許の保持数を企業別で比較すると、IBMがダントツの1位。それにマイクロソフト、東芝、サムソンが続く形になっています。トップ20の内、12社が日本企業、3社がアメリカ、2社が中国となっています。

7.中国の伸びが顕著

中国企業The State Grid Corporation of ChinaはAI関連出願を2013年から16年まで、毎年年間で70%も増やしています。

8.中国の大学や研究機関の活動が活発

アカデミアの分野で、トップ20の内、17に中国の大学や研究機関がランクインし、ほぼ独占状態です。

9.訴訟に至った特許は1%未満

まだ市場が始まったばかりなのでこのデータはあまり参考にならないかも知れませんが、訴訟案件は1%未満とのことです。しかし、市場が成長するにつれ、訴訟の数も増えていくことが予想されます。

10.AI関連の企業買収が2016年以降盛んに

買収先企業のトップ3はAlphabet、アップル、マイクロソフトです。その中でも、Alphabetの企業買収は最も多く、全体の4%に上ります。

WIPOレポートはここからダウンロードできます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Bridget Diakun. IAM(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。