AI関連技術の知財ランドスケープ

AIを使った商品やサービスが出始めているなぁと思っている方も多いと思いますが、AI関連の特許を見てみると、その数が爆発的に増加していることがわかります。AI関連サービスはまだ始まったばかりかもしれませんが、AI技術に関する多くの特許はすでに出願されています。

毎年の出願増加率が平均で28%

例えば、2012年から17年までのAI関連技術に対する特許出願を見てみると、出願増加率が毎年平均28%も上がっています。つまり、最初の4年ほどで出願が2倍になっています。

AI関連技術は汎用性がありどの業界でも応用できるものですが、出願では、telecommunications, transportation, personal electronic devices and computing, life and medical sciences, security, document management, manufacturing, and engineeringなどの用途を示した発明が多いとのことです。

またAI技術で特に多く出願されている分野は、machine learning, computer vision, natural language and speech processing, control methods, planning and roboticsなどです。

元記事には業界とAI技術分野で分析したIP知財ランドスケープテーブルが掲載されていますが、一番多いセグメントはtelecommunicationsの市場によるComputer Vision技術で、合計で22,871件の出願があります。

今後も増加傾向と予想

WIPOによると、データの増加とコンピュータの性能の向上で更にAI関連技術に関わる出願は増加していくだろうと予測されています。

アメリカにおけるAI関連発明出願

アメリカにおいて、AI関連発明は基本的に特許で守ることができます。しかし、コンピュータやソフトウェアが関わる発明は、subject matter eligibility test under 35 U.S.C. § 101をクリアーする必要があり、最高裁Alice判決とその後の判例がAI関連技術の特許性に大きな影響を与えます。

また、特許庁でも日に日に進歩していくAI技術に対応していくため、積極的にsubject matter eligibilityに対するガイドライン等を作成して対策を取っています。

AI関連発明を特許で守るためのポイント

アメリカでAI関連発明の出願を検討している場合、技術的な特徴に注目する必要があります。例えば、

  • The pre-processing of training data (e.g., preparing unique data sets for input into a particular AI algorithm)
  • The training process (e.g., improvements or adjustments to a machine-learning or neural network algorithm)
  • The application of trained models (e.g., to control machines or to provide unique results)
  • The hardware that executes a trained AI model, including any improvements to the hardware or its deployment in a given technical field

などです。

著作権で守る

また、AI技術を著作権(Copyright)で守ることもできます。例えば、データを所定のフォーマットにしたAIモデルを教育する前の準備段階に必要なAIデータなどは具体的な形があれば、著作権で守ることも可能です。

トレードシークレット

AIのアルゴリズムやデータを機密情報として扱うことで、トレードシークレットとして守ることもできます。このように社内で管理する場合、データやアルゴリズムの扱いやセキュリティを強化し、機密情報として扱っていく必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Ryan N. Phelan. Marshall Gerstein & Borun LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

analysis-data-statistics
訴訟
野口 剛史

ITCの経済要件は申立人の投資全体に対して比較されるものではない

Lord行政判事は、 ITC調査において、ITC を開始するための条件の1つである経済要件は申立人の投資全体に対して比較されるものではないとしました。つまり、特許で守られている ITC 調査の対象となっている製品に対する投資額が全体の投資額よりも極端に低いという理由から、経済要件が満たされていないと主張することはできなくなりました。

Read More »
Congress-law-making
契約
野口 剛史

特許デマンドレター規制法案

2018年7月13日、Michael Burgess議員が、特許デマンドレターを規制する法案(the Targeting Rogue and Opaque Letters (“TROL”) Act (H.R. 6370))を提出しました。この新しいTROL Actでは、悪質な特許関連のデマンドレターに対する規制を設けています。簡単に言うと、このTROL Actが成立すれば、米国連邦取引委員会(Federal Trade Commission (FTC))が悪質な特許デマンドレターを送っている組織に対して訴訟を起こすことができるようになります。

Read More »
money
その他
野口 剛史

知財資産の収益化で価値を見いだす

日本企業の場合、知財の“monetization”(収益化)という言葉にあまりいいイメージを持っていないところも多いですが、収益化ということをより広く考えた上で、持っている自在の有効活用方法を考えてみます。

Read More »