資産としてのAI関連データをいかに守るか?

AIが身近になりつつある今日、AIに関する特許も増えていますが、AIを教育するデータの資産的な価値にも注目が集まっています。データ自体が価値をもつようになった今こそ、データの資産保護について考えてみます。

AIの教師データ(学習データ)として有効なデータセットを持っている場合、そのデータ自体に価値が生まれてきます。このようなデータセットは関連するAI開発をおこなっている企業にライセンスすることもできるし、自社の関連技術の開発に使うこともできるでしょう。

このようにデータそのものに資産的な価値がある場合、どう保護していったらいいのでしょうか?

まず考えるのは特許ですが、残念ながら特許はこのようなデータの保護には向いていません。特許として保護されるものは「発明」なので、データセットをそのままの形で保護することはできません。

次に考えられるのが著作権です。しかし、アメリカでは、事実だけでは著作権で保護されません。AIに使われるデータの多くは単なる事実(例:特定の画像に写っている物体がネコかイヌか)に過ぎないので、そのようなものを著作権で保護するのは難しいです。

また、保護すべきデータは画像データとは限らず、Internet of Thingsなどのデバイスから得られる温度データや交通量データなども考えられますが、これらも同じように「単なる事実」であるという問題があります。

しかし、データの保護であれば、著作権上の「データベースの保護」が活用できる場合があります。詳しくは、この記事Feist Publications, Inc. v. Rural Telephone Service Co., 499 U. S. 340 (1991)を参照。

著作権上の「データベースの保護」を得るための重要な点は、十分に創造的かつ独創的なデータの配列や選択であること。その場合、編集物として著作権で保護されますが、保護の範囲は限定されていて、事実上のコンテンツは保護されないという問題もあります。

ヨーロッパにはデータベースの法的保護( Database Directive)というものがありますが、これとはアメリカにおける「データベースの保護」は異なるので注意が必要です。

最後に、AI関連データを企業機密(trade secret)として扱うことも可能です。

だか、企業機密として取り扱う場合、データの取り扱いに注意が必要です。企業機密を保護するためには機密保持のための合理的な努力(reasonable efforts to maintain its secrecy)が求められるので、データへのアクセス、アクセスする人との契約上の縛りや信頼関係などが求められます。データが漏洩したこと、それを不当に使われたことをどう知るのかは大きな課題です。

多くの企業にとってAIに関するデータの価値が上がっていく中、データを資産として適切に保護する必要性が高まってきています。しかし、知的財産として保護する場合、課題が多く存在するのも事実で、データ自体を保護するには工夫が必要になってきます。

参考文献:Protecting the Data that Fuels AI

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

ビジネスアイデア
野口 剛史

LINE公式アカウント開設のススメ

以前のビジネスアイデアでLINEを新規顧客獲得の窓口にすることを提案しましたが、実際にOLCのLine公式アカウントを作ったら、ものすごく簡単にできたので、今回はLine Businessのアカウントのメリットについて話していきます。

Read More »
statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

CAFCがPTAB判事は憲法違反だと判決

今回紹介する判例の影響で、今現在PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件は、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。また現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。

Read More »
再審査
野口 剛史

最高裁SAS判決から5ヶ月後でわかったこと

今年の4月に SAS 判決が最高裁で下されてから5ヶ月の統計を見たところ、 SAS 以前とSAS 以降で institution の許可率と IPR の申し立て数に変化がありました。今回は、もの2つの点について詳しく統計データを見ていきます。

Read More »