AFCP 2.0 が2020年まで延長へ

特許庁がAfter Final Consideration Pilot 2.0 (AFCP 2.0)の延長を発表しました。今回の延長でAFCP 2.0が2020年9月30日まで延長されることになりました。

AFCP 2.0とは?

After Final Consideration Pilot 2.0 (AFCP 2.0) は特許審査の効率化に向けた取り組みの1つで、2013年に始まって以来、毎年延長されてきました。AFCP2.0の目的はRCEを減らすことによる審査期間の短縮です。AFCP2.0によって出願人と審査官の間のコラボレーションを奨励し、出願の審査をより効率よくおこなおうという狙いがあります。特に、Final Rejectionの後のマイナーながら審査官の時間をある程度要する問題を効率よく解決する手段として重宝しています。

一番多いと思われる例が、Final Rejectionに書かれた拒絶理由を解消するための「簡単な」クレーム補正だと思われます。AFCP2.0を使わないとAfter Finalでは考慮されないものだと今まではRCEをおこなうことが一般的でしたが、しかし、AFCP2.0を使うと、審査官が補正を考慮する時間が与えられるので、RCEをおこなわなくても、クレーム補正の審査をしてもらえます。その結果、より効率的な特許審査がおこなえるということになります。

AFCP2.0の申請

AFCP2.0を希望する出願人は、37 CFR §1.116に準ずる対応とAFCP2.0のリクエストをおこなう必要があります。

この対応には、少なくとも独立請求項の1つへの補正が含まれている必要があり、その補正はクレームの幅を広くするようなものであってはいけません。

AFCP2.0が受理されれば、審査官は補正を考慮する時間が与えられ、補正によってすべてのクレームが許可されるようであれば許可され、そうでない場合は、審査官は出願人とのインタビューをリクエストすることができます。

このAFCP2.0には追加費用はかかりません。しかし、extension of timeなどにかかる費用は発生します。

まとめ

AFCP2.0はまだ試験的なものですが、2013年から毎年延長されています。Final Rejectionにおける拒絶理由が「簡単な」クレーム補正で解消されるものである場合、AFCP2.0を使うことは有効な手段です。AFCP2.0を活用することでRCEを回避できれば、出願費用と権利化までの審査時間を減らすことができます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gene Quinn. IP Watchdog(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Contract-signing
特許出願
野口 剛史

雇用法と特許法の衝突: 非競争制限は譲渡条項の範囲も制限する?

皆さんは雇用契約で従業員に対する発明の譲渡条項がどのようになっているか知っていますか?人の流動性が大きいアメリカでは、雇用契約と発明の譲渡がたまに問題になります。この譲渡の問題は州法が適用される雇用法に大きく影響されるので、従業員に手厚いカリフォルニア州などで研究・開発をしているのであれば、今回の判例を学び、雇用契約の見直しをすることをおすすめします。

Read More »
訴訟
野口 剛史

サイバーセキュリティ特許戦争の予感

膨大なサイバーセキュリティへの投資、比較的新しいサイバーセキュリティ関連特許の数、侵害検知がしやすい特徴、市場のプレイヤー数などを総合して考えると、今後サイバーセキュリティ関連特許による特許訴訟が増えてくる可能性があります。

Read More »