AI審査官を作ったら補正クレームを審査してもらえるか?

AI analysis results showing interesting verification of using AI as an examiner for patent claims analysis under Article 102 refusal. Explanation of assigning an examiner persona to AI and replicating the reasons for rejection under Article 102 in actual patent application cases in detail. Despite the difficulty of complete examination by AI alone, AI analysis included important points that actual examiners may be concerned about. Mention of improving analysis quality through interaction with AI, as well as the potential to improve claim corrections and arguments using AI analysis. Valuable content suggesting new possibilities for utilizing AI as an auxiliary tool for patent practitioners and those interested in AI technology.

AIを審査官として活用し、特許クレームの102条拒絶分析を試みた興味深い検証結果を紹介しています。この記事では、生成AIに審査官のペルソナを与え、実際の特許出願案件における102条の拒絶理由を再現させる過程を詳細に解説しています。結果として、AI単独での完全な審査は困難でしたが、AIの分析には実際の審査官が懸念する可能性のある重要な指摘が含まれていました。さらに、AIとのインタラクションを通じて分析の質を向上させる方法や、AIの分析を活用してクレーム補正や主張を改善する可能性についても言及しています。特許実務者やAI技術に興味がある方にとって、AIを補助ツールとして活用する新たな可能性を示唆する貴重な内容となっています。

適用範囲が拡大される?:USPTOが実験的使用の例外について公開意見の募集を開始

USPTO experimentelle Nutzung requirements Advocacy Artwork.

USPTOが実験的使用の例外に関する意見募集を開始し、米国特許制度の大きな転換点となる可能性があります。現在の狭い解釈が研究活動を抑制しているという懸念から、法定化を含めた見直しが検討されています。この記事では、実験的使用の例外の歴史的発展、現状の課題、他国の事例、そしてUSPTOが提示した具体的な質問内容を詳しく解説しています。イノベーションの促進と特許権者の保護のバランスをどう取るべきか、米国の特許制度の未来を左右する重要な議論の全容と、それがグローバルな特許制度に与える影響について、包括的に理解することができます。