ランプサムライセンスから合理的なロイヤリティ料率を決定する方法:EcoFactor, Inc. v. Google LLC事件からの考察

Raw alternative text: Image discussing methods to determine reasonable royalty rates from a RAND license using insights from the EcoFactor, Inc. v. Google LLC case.

EcoFactor v. Google事件の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)判決は、ランプサムライセンス契約から合理的なロイヤリティ料率を導出する際の重要な指針を示しました。本判決は、適切な事実関係の裏付けがあれば、ランプサムライセンスも合理的なロイヤリティ料率の根拠となり得ることを明らかにしたものの、ランプサムの金額とロイヤリティ料率との関連性について説得力のある説明が求められることを強調しています。また、ライセンサーとライセンシーの経済状況の違いや対象特許の価値按分など、事案の個別事情を丁寧に分析し、きめ細かな調整を施す必要性についても言及しています。本稿では、EcoFactor v. Google事件の経緯を概観した上で、同判決が特許実務に与える示唆について、CAFCにおける多数意見と反対意見の対立も踏まえつつ詳細に検討します。