生成AIを使ったアメリカOA対応:102条の拒絶を解消する候補を明細書から特定することはできるのか?

Using AI to identify candidates to overcome 102 rejections based on specification in US OA: Can we do that?

アメリカ特許出願における拒絶理由を解消するために生成AIを活用し、特に102条に基づく拒絶理由を明細書から特定することができるかを検証しました。本記事では、特定の特許案件を題材にして、クレーム1に対する補正案の提案と先行技術との比較を通じて、その有効性を探ります。生成AIのサポートにより、クレーム補正案を迅速に作成し、対立する先行技術との違いを明確に示すことで、特許性を立証する一連のプロセスを詳述します。具体的な補正案の作成から、拒絶理由に対する反論まで、実践的な手法を用いた効率的なOA対応の実例を紹介します。これにより、出願人の時間を節約し、質の高い特許出願を実現するための戦略的なアプローチを学ぶことができます。