医薬品特許訴訟の和解におけるリバースペイメントは反トラスト法違反になるのか?: In re Bystolic 事件

米国第2巡回区控訴裁判所、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解に関する初の判断を下す:In re Bystolic Antitrust Litigation事件

米国第2巡回区控訴裁判所は、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解の適法性について初めて判断を下しました。本判決は、特許法と反トラスト法の交差点に位置する複雑な問題に新たな指針を提供します。In re Bystolic Antitrust Litigation事件では、ジェネリック医薬品メーカーに対する金銭的支払いが競争を制限するかどうかが焦点となり、Actavis判決の基準を適用しつつ、支払いが正当なビジネス上の理由に基づくものであるかが重要視されました。今回の判決は、製薬会社がリバースペイメント和解を行う際の新たな指針となり、特許訴訟の和解における適法性の判断に重要な影響を与えるでしょう。