コロラド州が全米初の本格的なAI規制法を制定

コロラド州が全米初の本格的なAI規制法を制定

コロラド州が全米で初めて包括的なAI規制法を制定したことは、米国におけるAI規制の重要な一歩であり、他の州や連邦政府の取り組みに大きな影響を与える可能性があります。この法律は、高リスクAIシステムの開発者と利用者に新たな義務を課し、アルゴリズム差別の防止とAIシステムの透明性・説明責任の確保を目指しています。事業者は、2026年の施行に向けて、コンプライアンスの準備を始める必要があります。具体的には、高リスクAIシステムの特定、リスク管理方針の策定、影響評価の実施、AIベンダー契約の見直しなどが求められます。同時に、法律の影響を監視し、必要に応じて修正を提案することも重要です。コロラドAI法は、米国におけるAI規制の新時代の幕開けを告げるものであり、事業者はこの法律の要件を理解し、コンプライアンスの取り組みを進めることが重要です。また、AIの責任ある利用とイノベーションのバランスをとる上での課題についても、継続的な議論が必要とされています。

USPTOがCAFCによる意匠特許の自明性分析の変更を受けて審査ガイダンスを更新

USPTO updates examination guidance following CAFC decision on design patent obviousness analysis.

意匠特許の自明性判断基準が大きく変わります。連邦巡回区控訴裁判所の画期的な判決を受け、USPTOは審査ガイダンスを刷新しました。長年の厳格なテストから、実用特許の判断手法に近い柔軟なアプローチへと移行します。本記事では、新たな審査フレームワークの詳細と、それが意匠特許出願人や権利者に与える影響について徹底的に解説します。意匠特許の審査が変わる中で、どのような対応が求められるのか。意匠特許に関わるすべての方必読の内容です。