意匠の常識が変わる:CAFC大法廷が意匠特許の自明性判断により柔軟な判断基準を採用

意匠特許の自明性判断に関する重要な大法廷判決。意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想。解説:Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、今後の影響と考察。

CAFCが、意匠特許の自明性判断基準に関する重要な大法廷判決を下しました。長年用いられてきたRosen-Durlingテストを覆し、より柔軟な判断基準を採用した今回の判決は、意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想されます。本記事では、Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、および今後の影響と考察について詳しく解説します。意匠特許の出願や訴訟に携わる実務家必見の内容です。