特許を担保に借金をし、債務不履行になった場合、特許権者は訴訟を起こせるのか?当事者適格の問題

Article discussing the rights of patent holders and secured creditors in leveraged patent transactions in case of default, using the case of Intellectual Tech LLC v. Zebra Technologies Corp. as an example. Importance for companies funding with patents, analyzing the impact of secured creditors' rights on patent holders' exclusive rights in case of default. Relevant for risk management.

この記事は、レバレッジド・パテント・トランザクション(特許を担保に資金調達する取引)において、債務不履行が発生した場合の特許権者と担保権者の権利関係をIntellectual Tech LLC v. Zebra Technologies Corp.事件を題材に詳しく解説しています。特許権者がデフォルトに陥った際、担保権者の権利行使が特許権者の排他的権利にどの程度影響を与えるのか、判例の分析を通じて明らかにしています。特許を担保に資金調達を行う企業にとって重要な示唆に富む内容となっており、リスク管理の観点から大変参考になる一読の価値がある記事です。

AIが生成するコンテンツは先行技術となるのか?

AI-generated content in patent examination. USPTO seeks input on whether AI-generated content should be treated as prior art in patent examination. Challenges and opportunities of AI advancement in the patent system are discussed. Detailed analysis on strategies, potential legal reforms, and international collaboration are explored.

AIが生成するコンテンツが特許審査における先行技術として扱われるべきかどうかについて、米国特許商標庁が意見募集を行っています。AIによる大量の先行技術生成やその品質への懸念、特許ポートフォリオへの影響、当業者の知識に与える影響など、AIの進展が特許制度に与える課題と機会が浮き彫りになっています。本記事では、USPTOの意見募集を中心に、AIが生成する先行技術への対応策、法改正の可能性、他国との連携など、この重要な問題に対する分析と考察を詳しく解説しています。

Amazon特許評価プログラム(APEX)での申立てによる特許権者の裁判管轄リスク

Amazon特許評価プログラム(APEX)での申立てによる特許権者の裁判管轄リスク 〜SnapRays v. Lighting Defense Group事件のCAFC判決から学ぶ〜 - CAFCによるSnapRays v. Lighting Defense Group判決の概要と実務上の留意点をまとめました。Amazon特許評価プログラム(APEX)を通じた特許侵害の申立てが、被疑侵害者の所在地での人的裁判管轄権を生じさせる可能性があることが明らかになりました。特許権者はAPEX利用のリスクを理解し、被疑侵害者は自州での非侵害確認訴訟の機会を検討する必要があります。本判決は、グローバルな特許紛争の解決戦略に大きな影響を与える画期的なものです。特許権者と被疑侵害者の双方にとって、必読の内容となっています.

SnapRays v. Lighting Defense Group事件のCAFC判決を受けて、Amazon特許評価プログラム(APEX)の利用が特許権者にもたらす人的裁判管轄リスクについて解説します。本判決は、APEXを通じて特許権者が被疑侵害者のリスティング削除を申し立てた場合、被疑侵害者の所在地での裁判管轄権に服する可能性があるとの重要な判断を下しました。APEXの概要や本事件の経緯、CAFCの判断理由を詳しく見ていくとともに、特許権者と被疑侵害者それぞれの立場から実務上の留意点を考察します。

親子会社間の商標権の所有と管理 – 商標権の適切な保護のために

Ownership and management of trademark rights between parent and subsidiary companies - For the appropriate protection of trademark rights.

企業の複雑な組織構造の中で、商標権の適切な所有と管理は重要な課題です。親会社と子会社の関係性や、商標の管理責任、立証責任の違いを理解することが不可欠です。本記事では、親会社が商標権を所有する場合と子会社が商標権を所有する場合の違いを具体的に解説し、ライセンス契約の重要性や品質管理手段の実施など、商標管理のベストプラクティスを提示します。企業のブランド戦略に携わる方必読の内容です。