AI時代のネット社会ではDMCAを用いた著作権保護は崩壊する?

An impactful image illustrating the conflict between traditional copyright protection mechanisms, represented by DMCA notices, and the overwhelming surge of AI-driven content on social media platforms. The visual narrative contrasts legal documents being engulfed by digital waves, AI entities, and binary codes, symbolizing the flood of copyright challenges in the digital age and the urgent need for a new, adaptable legal framework

現在SNSに掲載された著作権侵害コンテンツはDMCA通知という取り下げを求める枠組みによって迅速に侵害行為を止めることができます。しかし、AIの技術発展に伴い、AIが主流となっていくAI時代のネット社会にはDMCAがうまく機能しないという懸念があります。1990年代に発案されたDMCAの枠組みではAI技術の発展と著作権による十分な保護の両立は難しいとされる中、まったく新しい法的な枠組みが求められる時期に来ているのかもしれません。

AIなどの新興技術に見え隠れする先使用権による抗弁の復活の可能性

An illustrative composition showcasing the juxtaposition of traditional legal symbols, including patents and gavels, with futuristic elements like AI brains and digital circuitry, symbolizing the revival and potential strategic importance of prior user rights defense in the era of emerging technologies such as AI, against the backdrop of the America Invents Act (AIA) reforms.

AIAによる特許法の改正で生まれ変わった先使用権による抗弁ですが、いままで全く使われてきませんでした。しかし、AIなどの新興技術によるイノベーションは発明者の定義などの問題から特許との親和性が低く、営業機密による保護が注目されています。このような変化は先使用権を使いやすい環境に変える要素の1つであり、改めて先使用権の条件を見返す注目すべきトレンドになりつつあります。