2019年アメリカ特許発行数が歴代最大を記録

2019年、アメリカ特許庁は特許出願数において記録を塗り替えました。2019年、合計で333,350の特許が新規に許可され、2018年にくらべ15%増加しました。

トップはもちろんIBMで2019年、9,262件の特許を新規に取得。27年連続で1位の座に君臨しています。その他のトップ10は、 Samsung Electronics, Canon, Microsoft, Intel, LG Electronics, Apple, Ford, Amazon, とHuaweiです。

2019年技術分野で伸びてきている分野はCRISPR, hybrid plants, やcancer therapiesなどです。

このような出願数の増加に伴い、特許庁は新たに審査官を雇うために大きなリクルーティングイベントを開催。職務地も特許庁があるAlexandria, VAだけでなく、Satellite officeのSan Jose, CA,や Detroit, MIでも勤務可能だということです。技術分野では機会、電気、コンピューター、バイオメディカル系の需要が多いようです。

最後に、特許庁のデータによると、2019年に許可された特許の内、実に61.8%がソフトウェア関連の特許で、2018年の50.8%から増加しました。Alice判決後、アメリカでのソフトウェア関連の特許の有効性に関しては不透明な部分が多いですが、それでもこれだけの割合を占めると言うことは、それだけソフトウェア関連の市場が強いことがわかると思います。

日本と比べて

日本の登録数は、2013年をピークに減少していますが、アメリカの伸びはすごいですね。アメリカの出願費用(特に弁護士費用)は日本に比べて高額なので、それでもこれだけの伸びを記録するのは驚異です。また、日本よりも取りづらいソフトウェア関連の特許が半分以上の割合ということからも、ソフトウェア関連の企業の強さと資金力がうかがえます。

まとめ

これからの推移はわかりませんが、特許庁の審査官増員などの行動からも、少なくとも今後数年間はアメリカ出願は伸びて聞くと思われます。これをビジネスチャンスにする事務所が今後もアメリカの出願の伸びと共に成長していくと思われます。特にソフトウェア関連の特許には需要があるので、その分野で活躍できるかが重要なポイントになってくると思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Kirk M. Hartung: McKee Voorhees & Sease PLC(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

manufacturing
特許出願
野口 剛史

すべての技術者が特許について知っておくべき1つの秘密

特許出願にビジネス主導型のアプローチを採用し、ただ単に数を追い求めるだけでなく、強い特許の取得を目指す取り組みを社内全体で行っていく必要があります。特に、発明者になるエンジニアや研究者には強い特許とはどのようなものかという理解の共有が大切です。

Read More »
特許出願
野口 剛史

特許審査履歴解説: 3回のRCEと6回のOA対応で得られた特許の価値は?疑問視されるOA対応もちらほら (Sony)

2022年9月27日に発行されたSonyの特許(Pat. No: 11,460,998)の出願履歴から考察しました。脅威のRCE3回(合計6回のOA対応を経て)権利化された案件です。一般的な103条の拒絶のみだったのですが、特に前半の拒絶対応には個人的に疑問に思う点が多く、なぜ3回もRCEをやったのにインタビューは1回も行わなかったのかが謎でした。

Read More »