2018年Q3訴訟統計データ

アメリカでの特許訴訟は2015年をピークに毎年減少傾向にあります。実質的な事業をもたないNon-Practicing Entities (NPEs)による訴訟も減少傾向ですが、ハイテク業界ではNPEsによる特許訴訟が大半です。また、NPEのターゲットは中小企業移りつつあります。

日本の中小企業もアメリカで商売を行っている場合、NPE対策をする時代がやってきました。NPEのターゲットが大企業から中小企業に移っていく中、特にハイテク業界の中小企業は事前にどうNPEの特許権行使に対応していくか対策を練る必要があるでしょう。

2018年9月末までの地裁における特許訴訟とPTABにおける再審査の件数は2017年の同時期にくらべ15%減少。しかし、NPEによるハイテク業界をターゲットにした特許訴訟は他の業界よりも明らかに多く、ハイテク業界は会社の規模にかかわらずNPE対策が求められます。現在の傾向が続くと、2018年の新規の訴訟件数は3,380件で、PATB案件は1,655件になる見込みです。

新規の特許訴訟数はピーク時の2015年に比べ40%ほど減少しています。この減少傾向は年々続いていて、いつどのくらいの数字で下げ止まりするかが注目されています。またNPEも初期の頃よりも多彩化しているので、業界や会社の規模などを絞って、特定のNPEに対する対策をとるような活動が必要かもしれません。

特許が争われる管轄ランキングですが、圧倒的人気を誇るのがPTABです。PTABでおこなわれるIPRは訴訟に巻き込まれたときに特許を比較的早く無効にできる手段なので、このPTABの人気は十分納得がいきます。また特許訴訟のメッカだったEastern District of TexasもTC Hertland判決以降、訴訟件数が激減し、それに伴い会社設立によく使われるDelawareや多数のハイテク業界が存在するCaliforniaでの訴訟が増えています。

元記事にはグラフを交えてわかりやすく統計データが紹介されていますので、参考にしてみてください。

特許訴訟は減少傾向にありますが、中小企業もNPEのターゲットになる時代がやってきました。日本の中小企業でもアメリカで事業を行っていればアメリカで特許訴訟に巻き込まれる可能性があるので、事前にアメリカ特許訴訟対策、特にNPE対策を行うことが重要になってくると思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事:  Unified Patents Inc (元記事を見る



ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

manufacturing
特許出願
野口 剛史

すべての技術者が特許について知っておくべき1つの秘密

特許出願にビジネス主導型のアプローチを採用し、ただ単に数を追い求めるだけでなく、強い特許の取得を目指す取り組みを社内全体で行っていく必要があります。特に、発明者になるエンジニアや研究者には強い特許とはどのようなものかという理解の共有が大切です。

Read More »
特許出願
野口 剛史

明細書の予想外な結果が自明性を覆す

アメリカにおいて予想外の結果の証拠 (evidence of unexpected results) を用いて自明性を覆すのは至難の技です。しかし、不可能というわけでもありません。今回は、実際に審判請求 (appeal)で明細書に書かれていた予想外の結果の証拠を用いて自明性を覆したケースを紹介します。

Read More »
特許出願
野口 剛史

特許の共同所有の問題点

今後は会社単体で商品開発が難しくなってきて、様々な企業と協力しながら、より付加価値の高い製品やサービスを開発するようになってきます。このような共同作業は歓迎するべきですが、アメリカ特許に限っては共有することは必ずしも良いことではありません。

Read More »