2018年ITC統計

ITCにとって2018年はとても忙しい年になりました。FY2018で、新しく始まった調査の数は74件、同じ期間に61件しか調査が完了していなかったので、現在調査中の案件が過去最高の130件になりました。

ITCは、FY2018の間に、General Exclusion Orders (“GEOs”)を4つ、Limited Exclusion Orders (“LEOs”)を9つ、Cease and Desist Orders (“CDOs”)を37つ発行しました。 合計Exclusion Ordersの13という数字は、FY2018に終了した調査の実に21%が何らかのExclusion Ordersに至ったことを示しています。これは、ITCにおいて2番目に高い数字です。

歴史的にみてITCは申立人に有利な場で、それは今回のFY2018の統計データからもわかります。FY2018に考慮された調査の内、58%が和解、同意判決、訴訟の取り下げに至っています。次に多いのが違反で、実に全体の26%に及んでいます。最後に、違反なしという調査結果に至った案件は全体のわずか16%でした。

ICT調査が和解に至る割合は、2011年からの統計データを考慮すると、63%。調査の結果、違反という判断に至る確率は21%となっています。

統計を見る限りIP関連訴訟に関して、ITCというのは申立人にとってはとても魅力的な場です。しかし、2018年末から始まった長期のGovernment Shutdownにより、FY2019のITC統計データは大きく変わりそうです。Government ShutdownによりITCの機能が停止し、Shutdownの最中は新規案件を受け入れておらず、調査も滞っていました。そのため、FY2019はFY2018よりも数字が下回ることが予想されています。

追記:元記事にはわかりやすいグラフも掲載されているので、よかったら参考に為てみてください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Robert Levent Hergüner and Vishal V. Khatri. Jones Daye (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

smartphone-apple
訴訟
野口 剛史

訴訟をするべきか否か、アップル v. サムソンに学ぶ

2018年、アップルとサムソンによる世界規模の特許訴訟は一枚にも足らない内容の訴訟取り下げ命令で幕を閉めました。2つの大企業によって長年続いた世界規模の特許訴訟、果たして訴訟の価値はあったのでしょうか?市場の成長と訴訟のタイミングという視点から訴訟を振り返ってみましょう。

Read More »
laptop-typing
未分類
野口 剛史

忘れられないためのEmailニュースレター

前回のブログアイデアでも簡単に紹介したEmailニュースレターの知財プロフェッショナルとしての活用方法に注目します。ニュースレターもブログと同様、文字ベースの専門的な情報を発信するのに適しているので、弁理士のような専門性が必要な業種と相性がいいメディア媒体です。しかし、なぜか知財系のブログではEmailニュースレターを発行しているところをあまり見かけません。

Read More »