2018年ITC統計

ITCにとって2018年はとても忙しい年になりました。FY2018で、新しく始まった調査の数は74件、同じ期間に61件しか調査が完了していなかったので、現在調査中の案件が過去最高の130件になりました。

ITCは、FY2018の間に、General Exclusion Orders (“GEOs”)を4つ、Limited Exclusion Orders (“LEOs”)を9つ、Cease and Desist Orders (“CDOs”)を37つ発行しました。 合計Exclusion Ordersの13という数字は、FY2018に終了した調査の実に21%が何らかのExclusion Ordersに至ったことを示しています。これは、ITCにおいて2番目に高い数字です。

歴史的にみてITCは申立人に有利な場で、それは今回のFY2018の統計データからもわかります。FY2018に考慮された調査の内、58%が和解、同意判決、訴訟の取り下げに至っています。次に多いのが違反で、実に全体の26%に及んでいます。最後に、違反なしという調査結果に至った案件は全体のわずか16%でした。

ICT調査が和解に至る割合は、2011年からの統計データを考慮すると、63%。調査の結果、違反という判断に至る確率は21%となっています。

統計を見る限りIP関連訴訟に関して、ITCというのは申立人にとってはとても魅力的な場です。しかし、2018年末から始まった長期のGovernment Shutdownにより、FY2019のITC統計データは大きく変わりそうです。Government ShutdownによりITCの機能が停止し、Shutdownの最中は新規案件を受け入れておらず、調査も滞っていました。そのため、FY2019はFY2018よりも数字が下回ることが予想されています。

追記:元記事にはわかりやすいグラフも掲載されているので、よかったら参考に為てみてください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Robert Levent Hergüner and Vishal V. Khatri. Jones Daye (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

vision
その他
野口 剛史

あなたの会社の知財価値はいくら?

知的財産は、製品やサービスの保護、模倣品対策、収入や市場の拡大に仕えますが、あなたの会社はどのような知財を持っていて、どれくらいの価値があるかを知っていますか?今回は、知財価値を査定する方法を簡単に解説します。

Read More »
time-delay-clock
訴訟
野口 剛史

再審査とEquitable EstoppelとLachesの関係

CAFC は権利化後の再審査で特許クレームが大きく修正されたことを受け、地裁で Equitable Estoppel が認められた案件を覆しました。このような案件は、背景を理解すると同時に、時間の流れと用語の理解が大切なので、背景を説明した後、この2つの点について詳しく解説していきます。

Read More »