研究用のプロトタイプでもITCのDomestic Industry を満たす

ITC commissionは、ALJの判決を覆し、販売前の商用ではない研究用のプロトタイプであってもITC調査を始める条件の1つであるdomestic industry requirementを満たすとしました。

どのようなアメリカ国内の活動がDomestic Industryを満たすかは個別の状況によってことなりますが、今回の判例により特許権者はよりdomestic industryを証明しやすい環境になったと言えます。

Certain Non-Volatile Memory Devices and Products Containing Same, Inv. No. 337-TA-1046において、行政判事のLord判事は、summary determination(司法裁判で言うSummary judgement (簡易裁判)のようなもの)において、ITCの申立人である特許権者は、domestic industryのeconomic prongを満たしていないとしましたが、その判決をITC Commissionが覆しました。

ITC調査が開始されるには、アメリカ特許で守られている品物(articles)おける市場がアメリカに存在する、または、形成されつつある必要があり、このことをdomestic industryのeconomic prongと呼びます。ITC Commissionは、summary determinationの際に行政判事のLord判事が、品物(articles)という用語を市場ですでに売り出されている品物(“products or other commodities that are sold in the marketplace”)と狭く定義していたことを批難。ITC Commissionは、ITC調査に関わる品物(articles)の商品化は必ずしも必要ではなく、販売前の商用ではない研究用のプロトタイプであっても品物(articles)の条件を満たす場合があるとしました。

今回のITC調査で問題になったPCM non-volatile memory technologyは実験段階であり、市場で売り出されてはいませんでした。Summary determinationの段階では、必要以上に狭い品物(articles)の解釈によりPCM non-volatile memory technologyはdomestic industryのeconomic prongを満たさないと判断されてしまいましたが、ITC Commissionの判決により、品物(articles)には実験段階であり、市場で売り出されていないものも含むことが明確になったので、ITC調査を進めていくためのdomestic industry条件を満たすということになりました。

今回の判例で、実際の商品がなくても、アメリカ国内における新しい技術への投資、プロトタイプやその他のリサーチに関する行動もdomestic industryを満たす可能性があることが示されました。これは、ITCを申し立てる立場の特許権者にとってはうれしいことです。この判例により、よりdomestic industryが証明しやすい環境になりました。

一方、respondentは、これまでと変わらず、このようなタイプのアメリカ国内の投資に対しては異議を唱え、「投資が十分ではない」(the investments were not substantial )、投資は特許で守られている品物に関連するものではない(not related to articles protected by the relevant patents)などの反論をおこなっていくことが大切です。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Alex Li and Ryan B. McCrum. Jones Day(元記事を見る




ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

COVID-19への対応: PREP法から見た特許侵害免責の可能性

多くの企業は、医療従事者向けに個人用保護具(Personal Protective Equipment: PPE)を製造・販売することで、COVID-19との闘いに貢献したいと考えています。しかし、特許侵害訴訟の脅威にさらされる可能性があることから、企業は躊躇してしまうかもしれません。しかし、PREP法の解釈によっては、この脅威を軽減できるかもしれません。

Read More »
statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

PTAB Appeal統計(2018年5月15日現在)

2018年5月15日現在、 CAFC は PTAB による IPR や CBM 手続きの上訴364 件を扱ってきました。 CAFC が PTAB の判決を支持した案件は276 件で全体の75.82%にあたります。その他の統計データと今後の見通しはどのようになっているのでしょうか?

Read More »
訴訟
野口 剛史

スキニーラベルで非適応外用途をカバーする特許権の侵害を回避できず

製薬業界ではブランド製薬会社とジェネリック製薬会社の間の争いが激しく、その多くには特許が関わってきます。今回も製薬特有の特許回避戦略スキニーラベルに関わる誘引侵害(induced infringement)のケースにおいて、スキニーラベルで特許が回避できなかった判例があったので紹介します。

Read More »