最高裁SAS判決から5ヶ月後でわかったこと

今年の4月に SAS 判決が最高裁で下されてから5ヶ月の統計を見たところ、 SAS 以前とSAS 以降で institution の許可率と IPR の申し立て数に変化がありました。今回は、もの2つの点について詳しく統計データを見ていきます。

SAS 判決は2018年4月末にあったので、2018年4月末までを Pre-SAS、2018年5月以降を Post-SAS として統計データを見ていきます。ちなみに、統計データは、USPTO が発表している公式データを使っています。

Institution 許可率

2018年5月から9月まで Post-SAS において、 IPR の開始判決(institution decisions)は538件発行されました。その内訳は、開始が許可された案件304件で、開始が却下された案件234件でした。 この数字から Institution 許可率として計算すると、56.5% となります。一方、SAS判決前の5ヶ月間、2017年12月から2018年4月までの Pre-SAS において、IPRの開始判決 (institution decisions) は611 件発行しました。その内訳は、開始が許可された案件407 件で、開始が却下された案件204 件でした。 この数字からInstitution  許可率として計算すると、66.61% となります。つまり、SAS判決前後5ヶ月間で比較すると、Institution 許可率が10%も減っています

個別案件の分析などはしていませんが、SAS 判決の結果、申し立てがあったクレームや理由の一部のみに対して IPR を開始する partial institution がなくなったので、Pre-SAS までは partial institution で開始されていた IPR の一部が Post-SAS では却下されることになったのだと思われます。

IPRの申し立て数

次に、IPR の申し立て数について、 Pre-SAS の5ヶ月間と、Post-SAS の5ヶ月間を見ていきます。 Post-SAS では、月平均で140.2件の申し立てがありました。一方、 Pre-SAS では、月平均で118.6件でした。これは、月平均で申し立て件数が18.21%も増加したことになります。

判決が下る直前に申し立てが抑えられていて直後に急増したので、それを例外としてデータから外すと、Pre-SAS で月平均126.25 件、Post-SAS で月平均135.35件になります。 Pre-SAS と Post-SAS における IPR 申し立て数の増加幅は縮まりますが、それでも、月平均で申し立て件数が18.21%も増加したことになります。

SAS 判決前後で明確な変化がありました。しかし、このトレンドが継続していくのかはわかりません。しかし、USPTO 所長の Iancu 氏は、IPR 改革を掲げているので、今後も IPR には大きな変化が予想されます。変化を続ける IPR がどう変わっていくのか、今後もモニタリングしていく必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:   David Anderson and Joseph M. Sauer (Joe). Jones Day  (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

meeting-discussion
特許出願
野口 剛史

主要特許庁が集まりAIツールについて議論

2018年6月半ば、主要特許庁による会議が行われました。会議の目標は、お互いの特許庁における不必要な重複作業をなくしていき、効率化と質の向上を図っていくことです。今回の会議では、AIが特許システムに大きな影響を与える戦略優先課題の1つとして特定されました。AI技術を特許庁における手続きに適用することで、作業の効率化と質の向上、コストカットが期待されています。

Read More »
supreme-court
訴訟
野口 剛史

AIA on-sale bar問題最高裁で審議へ

2018年6月25日、最高裁は、AIAにおいて、秘匿の義務がある中での発明者による第三者への発明の販売は、発明の特許性を決める上での先行例となるのかという“on-sale bar”に関する問題に関し、Helsinn Healthcare S.A. v. Teva Pharmaceuticals USA, Inc.,で審議を行うことを示しました。

Read More »
supreme-court
特許出願
野口 剛史

最高裁判決:AIAにおいて機密販売は先行技術とみなされる

Pre-AIAとPost-AIAの記述が全く同じでなかったことをきっかけに、Post-AIAでは機密販売は先行技術としてみなされないのではとAIA施行直後から言われていました、しかし、今回の判決で機密販売の基準は変わらず、Pre-AIAと同様にPost-AIAでも機密販売は先行技術とみなされることが明確になりました。

Read More »