特許権放棄の問題はWTOの決議以降も継続されるおそれがある

現在WTOでCOVID-19ワクチンに関する特許権の放棄が議論されていますが、WTOで特許権放棄が決まったとしても、WTO加盟国が自国でどのような対応をするかによって本来意図する形で進まない可能性があります。

WTOにおける164の加盟国による合意の見通しはまだ立っていませんが、それより大きな問題は、WTO加盟国が、TRIPS協定の義務に反しないで、現地で特許を取得したワクチンの現地製造を認める法律を制定できるかどうかです。

TRIPS協定は、原則、加盟国に対し「技術のすべての分野」において強力な特許制度を構築することを求めています。いくつかの例外はあるものの、このTRIPS協定における各国の義務がCOVID-19パンデミックにおける特許保護の放棄や強制的なライセンシング(compulsory licensing)に関する自国での法整備を難しくする可能性があります。

WTOのコメントによると、今回の特許放棄は一時的な措置であるため、加盟国の間ですでに、放棄の期間についてより具体的な議論が進んでいるようです。しかし、WTOでは加盟国すべての合意が必要で、特許権という複雑な問題について話し合いが行われているという背景から、法的な整備に時間がかかることが懸念されています。

参考記事:Mechanics of COVID-19 Vaccine IP Waiver in View of Trade-Related Aspects of IP Rights

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

著作権
野口 剛史

どの程度のAI利用が米国著作権局による審査に影響を与えるのか:「最小限」(”de minimis” )の問題

AIによって生成された素材が、メディア全体のクリエイティブな作品においてより一般的になるにつれ、コンテンツ制作者や配信者は、作品を登録するために米国著作権局に開示する必要がある情報、およびそれを怠った場合の潜在的な罰則に関するガイダンスを求めています。正式な見解はないものの、著作権局が行ったウェビナーからわかる「最小限」と「評価できる」量というキーワードを具体的な例を交えて考察する中で見えてくるものがありました。

Read More »
Congress-law-making
特許出願
野口 剛史

ティリス上院議員とクーンズ上院議員が特許適格性改革法案を再提出

去年に続き、「2023年特許適格性回復法」と呼ばれる法案が提出され、アメリカにおけるソフトウェアや生物科学系の特許の権利化で大きな問題になっている101条における特許適格性の抜本的な改正が期待されています。この法案が可決され法律になると、今までの関連する最高裁判決を覆すことになり、全く異なるフレームワークでの特許適格性の判断が行われることになります。しかし、可決の可能性以前に議会で審議されるかも現在では不透明なので、法改正への道のりは不透明と言わざるをえません。

Read More »