アーカイブされたウェブサイトを先行文献として用いる際の注意点

特許を無効にするための先行文献としてウェブサイトの情報を用いることもありますが、場合によっては、そのサイトにすでにアクセスできないということもあります。しかし、そのようなサイトでもWayback Machineを使うことで、アーカイブされた情報を先行文献として用いることができます。しかし、通常の紙ベースの先行文献と異なる点もあるので扱いには注意が必要です。

8月17日に発表されたの判決において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、連邦地裁がWayback Machineのキャプチャを先行技術の印刷出版物の証拠として認めました。

判例:Valve Corporation v. Ironburg Inventions Ltd.

Wayback Machineは、ウェブページのオンラインデジタルアーカイブです。このアーカイブは、Internet Archiveと呼ばれる非営利の図書館によって管理されています。特許異議申立人にとって、Wayback Machineは、主張する特許を無効にする可能性のある先行技術の印刷刊行物を見つけるのに便利なツールです。特に、Wayback Machineは、今日では機能していない可能性のあるウェブサイトやウェブページのアーカイブバージョンを維持しているため、非常に便利です。

Valve社のケースでは、Ironburg社のビデオゲームコントローラ特許の一部の請求項が無効であり、他の請求項は無効ではないというIPR判決を受けて、両当事者が控訴していました。Valve社の主要な先行技術文献の1つは、”Xbox 360コントローラのオンラインレビュー記事 “でした。Ironburg社は、Valve社が提出したオンラインレビューの記事は適切な認証プロセスを踏んだものではないと主張しましたが、裁判所は、Wayback Machineのキャプチャを多くの連邦地裁の司法的な通知(judicial notice)に倣い、Valveを支持しました。

しかし、アメリカの裁判で常にWayback Machineのキャプチャが証拠として認められるわけではありません。他の連邦地裁では、特許訴訟、非特許訴訟を問わず、Wayback Machineの導入が遅れていました。初期の判例法では、Wayback Machineのキャプチャを認証するために、Internet Archiveの代表者だけでなく、Wayback Machineがキャプチャしたウェブサイトの所有者からの「証言(または宣誓書)」が必要でした。United States v. Gasperini, No.16-CR-441, 2017 WL 3140366, at *7 (E.D.N.Y. July 21, 2017); Novak v. Tucows, Inc., No.06-CV-1909, 2007 WL 922306, at *5 (E.D.N.Y. Mar.26, 2007). 

しかし、裁判所はすぐにこのルールから脱却し、Internet Archiveの代表者による「個人的な知識を持ち、[Wayback Machine]がある日に表示されるウェブサイトの変更されていないコピーを作成するように動作していることを証明する」宣誓書を受け入れるようになりました。Gasperini, 2017 WL 3140366 at *7 (quotation omitted).

その後、ルールはさらに緩くなりました。「宣誓供述書や証言は厳密には必要ないかもしれない」ことを示唆する「説得力のある権威」という扱いになる場合もあります。Klayman v. Judicial Watch, Inc., 299 F.Supp.3d 141, 146-47 (D.D.C. 2018). 他の裁判所では、Wayback Machineのキャプチャを認証するには、異なるケースのInternet Archiveの宣誓書で十分だとしているケースもあります。Pohl v. MH Sub I, LLC, 332 F.R.D. 713, 718 (N.D. Fla. 2019). 

Valve社のケースを考慮すると、Wayback Machineによってアーカイブされた情報が証拠として使える可能性がより高くなってきたと言えるので、今まで以上に、特許異議申立人は、潜在的な先行技術の貴重な情報源としてWayback Machineに注目する必要があります。

しかし、挑戦される特許権者にとって、対応策がなくなったというわけではありません。特許権者は、Wayback Machineの限界を知っておく必要があります。例えば、Internet Archiveは、「アーカイブされたすべてのサイトのすべての日付が100%完全ではない」ことを認めています。その結果、「特定のサイトのサブページで利用可能な特定の日付は異なります」し、「印刷されたページに表示される画像は、(対応する)HTMLファイルと同じ日付にアーカイブされていない可能性があります」。そのため、裁判所がWayback Machineのキャプチャを司法的に告知したとしても、そのキャプチャは必ずしも先行技術ではない可能性があります。

このように、Wayback Machineは便利なツールではありますが、通常の先行文献とは異なる性質をもっている情報ソースなので、特許を無効にするための先行文献として使用する場合、その特徴をちゃんと理解し、考えられる日付などの反論を考慮しつつ、適切な戦略の元、手続きをおこなっていく必要があります。

参考文献:Federal Circuit Takes Judicial Notice of Wayback Machine Evidence of Prior Art

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

supreme-court
再審査
野口 剛史

米最高裁、PTAB判事任命の合憲性を判断へ

今回、最高裁で審議されることが決まったArthrex事件ですが、影響を受けた100件ほどのIPR以外は特に直接影響があるとは考えられていません。最高裁でどのような判断がされるかはわかりませんが、特に現在係争中(または係争を予定している)PTABの手続きに影響を与える可能性は低いと思われます。

Read More »
企業機密
野口 剛史

DTSAがアメリカ国外の行為にも適用される

企業機密搾取関連のDefend Trade Secrets Act (“DTSA”) が始めて搾取に関わる行動がすべてアメリカ国外で起こった案件に適用されました。アメリカでの活動に何らかの接点(Nexus)は必要ですが、Nexusを示せれば、アメリカ国外の企業機密搾取行為にもDTSAを活用できることがわかりました。

Read More »
folders-manual
契約
野口 剛史

契約書監査に備える5つのコツ

契約書は合意して署名したらそれで終わりではありません。契約書で合意した内容がビジネスに反映されていることが重要です。そのため、最近では契約書の監査も増えてきています。今回は、契約書監査に備えるための5つのポイントを紹介します。

Read More »