特許庁が新しい公開検索ツールとPTAB出願システムに切り替え

アメリカの特許庁ではオンラインツールの改定が続いています。この前はPublic PAIRやPrivate PAIRがなくなり、Patent Centerに統一されました。今回も検索ツールとPTABにおける手続きの申請に関するツールが一新されることになりました。

米国特許商標庁(PTO)は、2022年9月30日に、4つのレガシーツール-審査官自動検索ツール、パブリック-ウェブベース審査官検索ツール、特許全文・画像データベース(PatFT)、特許出願全文・画像データベース(AppFT)-を新しい特許公開検索ツール(PPUBS)に置き換えることを発表しました。PTOは、2022年2月に新ツールへの移行を初めて発表していました。

新しい特許公開検索ツール(PPUBS)

PatFTとAppFTにある米国特許と公開特許出願への既存のリンクは、これらのサービスの廃止に伴って終了します。米国特許と公開特許出願は、PPUBSを介して直接アクセスすることができ、米国特許および公開特許出願に直接アクセスするためのリンクをウェブページやドキュメントに設定することができます。PTOによると、PPUBSはすべての米国特許および公開特許出願の全文検索をより便利に、リモートから、そして確実に行うことができるようです。PPUBSはまた、ユーザーの検索プロセスを合理化し、既存のサービスに代わるものを提供し、新しい機能も組み込んでいます。これらの機能を実行するためのステップバイステップの手順は、こちらでご覧いただけます。

特許審判追跡システム(P-TACTS)

また、PTOは、2022年10月11日付で、当事者間審査および付与後審査、対象ビジネス方法特許の移行プログラム、および派生手続に関するすべての書類を電子的に提出するために使用されている特許審判部E2Eシステムが、特許審判追跡システム(P-TACTS)プラットフォームで置き換えられることを発表しています。E2Eシステムは、2022年10月9日午後5時(米国東部標準時)から2022年10月10日午後11時(連邦政府の休日)まで使用できなくなります。プラットフォーム移行の詳細とP-TACTSの利用登録方法については、こちらをご覧ください。

参考記事:PTO Switches to New Public Search Tools, New PTAB Filing System

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shake-business
契約
野口 剛史

ソフトウェア使用許諾契約書の雛形を改善する方法:ライセンス付与

ソフトウェアのライセンス付与においては、1)ライセンス付与の受領者を定義、ライセンス付与の非独占的、譲渡不能、サブライセンスの不能、および期間限定の性質に言及すること、また、2)ライセンス付与に含まれる権利のうち、1976年著作権法には含まれないものを定義すること、3)リバースエンジニアリングおよび二次的著作物の作成に関する明示的な制限を含むこと、がポイントになってきます。以下が詳しい解説です。

Read More »
stop-estoppel
訴訟
野口 剛史

COVID-19により訴訟の一時停止が正当化される

特許訴訟は長期化する傾向にありますが、それでも迅速な裁判手続きが求められます。今回の判例の焦点は、特許訴訟でよくあるIPRの結果が出るまで訴訟を一時停止するのか、それとも平行して進めていくのかという問題です。今回の判決の興味深い点が、その判断にCOVID-19の影響が考慮されたところです。

Read More »
商標
野口 剛史

USPTOが2022年1月から商標出願人向けの新たなID確認プログラムを開始

2022年度から2021年11月末まで(2021年10月1日から2021年11月30日まで)の付与後願書(post-grant petitions)の institution率は66%(Institution許可138件、却下71件)であり、前年度の59%から大きく低下しています。特許庁によると、申立ごとではなく特許異議申立ごとで見ると、これまでの2022年度の institution率は69%(Institution許可135件、却下60件)でした。直近8月の申立単位でのは institution率は80%(Institution許可70件、却下17件)。

Read More »