特許庁が新しい公開検索ツールとPTAB出願システムに切り替え

アメリカの特許庁ではオンラインツールの改定が続いています。この前はPublic PAIRやPrivate PAIRがなくなり、Patent Centerに統一されました。今回も検索ツールとPTABにおける手続きの申請に関するツールが一新されることになりました。

米国特許商標庁(PTO)は、2022年9月30日に、4つのレガシーツール-審査官自動検索ツール、パブリック-ウェブベース審査官検索ツール、特許全文・画像データベース(PatFT)、特許出願全文・画像データベース(AppFT)-を新しい特許公開検索ツール(PPUBS)に置き換えることを発表しました。PTOは、2022年2月に新ツールへの移行を初めて発表していました。

新しい特許公開検索ツール(PPUBS)

PatFTとAppFTにある米国特許と公開特許出願への既存のリンクは、これらのサービスの廃止に伴って終了します。米国特許と公開特許出願は、PPUBSを介して直接アクセスすることができ、米国特許および公開特許出願に直接アクセスするためのリンクをウェブページやドキュメントに設定することができます。PTOによると、PPUBSはすべての米国特許および公開特許出願の全文検索をより便利に、リモートから、そして確実に行うことができるようです。PPUBSはまた、ユーザーの検索プロセスを合理化し、既存のサービスに代わるものを提供し、新しい機能も組み込んでいます。これらの機能を実行するためのステップバイステップの手順は、こちらでご覧いただけます。

特許審判追跡システム(P-TACTS)

また、PTOは、2022年10月11日付で、当事者間審査および付与後審査、対象ビジネス方法特許の移行プログラム、および派生手続に関するすべての書類を電子的に提出するために使用されている特許審判部E2Eシステムが、特許審判追跡システム(P-TACTS)プラットフォームで置き換えられることを発表しています。E2Eシステムは、2022年10月9日午後5時(米国東部標準時)から2022年10月10日午後11時(連邦政府の休日)まで使用できなくなります。プラットフォーム移行の詳細とP-TACTSの利用登録方法については、こちらをご覧ください。

参考記事:PTO Switches to New Public Search Tools, New PTAB Filing System

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。