USPTOが初回出願者の特許出願を迅速化する新たな取り組みを開始

米国特許庁は、「First-Time Filer Expedited Examination Pilot Program」と呼ばれる新しいイニシアチブを導入し、これを用いることで、初めて特許を出願する人は審査を迅速化することが可能になりました。このプログラムを利用することで、出願から6か月以内にOAを受けることができ特許出願の迅速な審査を受けることができます。USPTOは、このプログラムが初めての出願人に知的財産権を保護するよう促し、イノベーションを奨励することを期待しています。

特許取得のプロセスをより多くの発明者に

2023年3月、USPTOとCouncil for Inclusive Innovationは、First-Time Filer Expedited Examination Pilot Programを発表しました。この新しいプログラムは、特許権を初めて出願する個人または中小企業で、「micro entities」と呼ばれる資格を持つ者を対象としています。このプログラムによれば、これらのmicro entitiesは、迅速な最初のオフィスアクションを受けることができ、USPTOは、商業化の障害となる障壁を下げることを期待しています。

特許出願後、発明者は通常、審査官が出願を審査し、審査官からOffice Actionと呼ばれる調査結果の通知書が返送されるのを待たなければなりません。2023年2月現在、出願人は、出願から最初のオフィスアクションを受け取るまで、平均16.1カ月間待っています。最初のフィードバックを迅速に提供することで、新しいパイロットプログラムは、特許制度へのアクセシビリティを高め、特許出願プロセスを初めて利用する特許分野の未開拓の地理的・経済的コミュニティを含む、アメリカ全土のコミュニティからより多くのイノベーションを誘発することを目的としています。USPTOのディレクターであるKathi Vidalは、次のように述べています。「審査プロセスを加速することで、当局による出願の初期審査からのフィードバックを迅速化し、より早い段階で重要なビジネス上の意思決定を行うことができるようにすることが、私たちが協力して、より多くのイノベーションをインパクトにもたらすために期待されています。」

必要要件

新しいパイロットプログラムに参加するためには、申請者は以下のことを証明する必要があります: 

(1) 発明者または各共同発明者は、他の通常出願(nonprovisional application)において単独発明者または共同発明者として指名されていないこと、

(2) 申請者および発明者または各共同発明者は、総所得ベース要件においてmicro entityに該当すること、および 

(3) 申請書に指名された発明者または各共同発明者は、USPTOの特許出願プロセスの基礎について合理的なトレーニングを受けていること。

これらの証明書に加え、出願人はUSPTOフォームSB/15Aを提出することにより、micro entityとしての地位を別途証明する必要があります。さらに、このプログラムは、35 U.S.C. 120、121、365(c)または386(c)に基づき米国を指定する先行する米国通常出願(nonprovisional application)または国際出願の出願日の利益を主張しない、非継続の最初の通常出願(non-continuing original utility nonprovisional applications)のみを対象としています。必要な証明書を作成し、プログラムへの参加を申請するために、申請者はUSPTOフォームSB/464を使用する必要があります。

初回出願者イニシアティブは、2024年3月11日まで、または1,000件の特許出願がプログラムに採択されるまでのいずれか早い時期まで、迅速審査の申立てを受け付けています。USPTOによると、2023年3月28日現在、このプログラムにより特別な待遇を得た出願はないとのことです。この新しい取り組みは、COVID、がん免疫療法、気候変動緩和を支援するプログラムなど、USPTOが制定した他の迅速審査プログラムに加わるものです。この新しいパイロットプログラムでは、参加者がUSPTOと最も効果的に関わり、迅速審査のメリットを最大化するために、特許出願プロセスについて合理的な訓練を受けることが求められています。パイロットプログラムのウェブサイトでは、出願人向けの無料トレーニングリソースを提供していますが、初めて特許を出願する方は、特許制度を通じて自身と特許出願を指導できる特許弁護士やPatent Agentを雇うことも検討すべきです。

このプログラムの詳細については、連邦官報告示を参照するか、USPTOのウェブサイトからCouncil for Inclusive Innovationのウェブページをご覧ください。

参考記事:USPTO Introduces New Initiative to Expedite Patent Applications of First-Time Filers

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

商標
野口 剛史

商標近代化法 (TMA) 施行後6ヶ月の教訓

2021年12月18日に施行された商標近代化法(Trademark Modernization Act: TMA)ですが、施行されてから6ヶ月となった今、USPTOからベストプラクティスに関するガイダンスがいくつか発表されていますのでその概要を説明します。

Read More »
CPU chip
特許出願
野口 剛史

特許性の判断とFreedom-To-Operateの違い

多くの人は、特許を取得すると、発明品を製造、使用、販売する権利が得られると勘違いしていますが そうではありません。今回はこのようなよく勘違いされる特許についての誤解を、特許性とFreedom-to-Operate(FTO)の違いという観点から考察していきます。

Read More »
訴訟
野口 剛史

重複訴訟の原則による2つ目の訴訟の却下

米国連邦巡回控訴裁は、重複訴訟法に基づいて、同一当事者間かつ同一特許を主張する2件目の訴訟を却下した連邦地裁の判決を支持しました。このような訴訟の状況になるのは珍しいですが、同じようなコンセプトであるres judicata(クレームの除外)とは異なり、重複訴訟法では1つ目の訴訟における最終判決は必要としません。

Read More »