USPTOが暫定局長審査プロセスを導入する

United States v. Arthrex, Inc.の米国最高裁判所の判決を受けて、米国特許商標庁(USPTO)は、USPTO長官が特許審判部(PTAB)の最終判断をレビューするための新しい暫定的な手続きを実施しました。

USPTOは専用のウェブページで、長官レビューは長官が(i)sua sponte(自発的に)、または(ii)PTAB手続きの当事者からの要求に応じて開始できると述べています。USPTOは、当事者が当事者間(付与後)レビューにおける最終書面決定の長官レビューを求める場合、(i)長官による再審要求をPTAB End to End(または「E2E」)システムに入力することと、(ii)長官による再審要求の通知を電子メールでUSPTOに提出することを同時に行うことで、長官レビューを要求できることを明らかにしました。

また、USPTOはArthrexに関する追加のFAQを提供しています。

参考記事:USPTO Implements Interim Director Review Process

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

hand-shake-business
契約
野口 剛史

USPTOがPatents 4 Partnershipsプラットフォームを発表

米国特許商標庁(USPTO)は2020年5月4日、ウェブベースの新しい知的財産(IP)マーケットプレイスプラットフォーム「Patents 4 Partnerships」を発表し、ライセンシング可能なCOVID-19パンデミックに関連する特許および公開特許出願を検索できるプラットフォームの提供を始めました。

Read More »
契約
野口 剛史

アメリカにおけるライセンスとアンチトラストの問題

知財のライセンスは効率よく技術を活用でき、新しい製品やサービスを安く提供できるメリットがあるためライセンシーにも消費者にもいい面があります。知財ライセンスにはこのような競争を促す効果もありますが、契約の条件次第では、競争を低下させる原因にもなりかねません。

Read More »