米国知財ニュースレター

OLC 提供サービス

米国知財
ニュースレター

最新のアメリカ知財関連情報をメールボックスにお届け。厳選された情報を日本語で配信。

日本の知財関係者が知っておきたい情報をお届け

まとめ記事で取り上げた内容をニュースレター形式でメール配信。特許を中心とした知財関連の最新判例はもちろん、明細書を書く時の注意点、ポートフォリオ管理、役立つ統計データ、ツールなども紹介。週一で発行中。

  • 特許出願、訴訟、ポートフォリオ管理、再審査、無効審査、AIA関連手続き(IPR, CBM)、ITC調査、法案、統計データ
  • 契約、ライセンス、FRAND、譲渡、購買契約、JDA、NDA
  • 企業機密、DTSA、雇用契約、秘密保持
  • 商標、著作権、デザイン特許、法案、統計データ、ツールなどの幅広い情報を提供中

掲載まとめ記事例

dollar-sign
再審査

Secondary considerationsとNexusの問題

クレームが自明である(obvious)という判断に反論するために、特許権者はsecondary considerationsの証拠を提示することがあります。しかし、証拠によっては自明性を解消するために提出された証拠とクレームに十分なNexus(関連)が必要になってきます。今回はFox Factory, Inc. v. SRAM, LLCという判例で、そのNexusの基準が一部明確化されたので解説していきます。

詳しく読む>>

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報を
メールボックスにお届け

ニュースレターには、
氏名とメールアドバイスだけで登録できます。
1分で登録完了