米国知財ニュースレター

OLC 提供サービス

米国知財
ニュースレター

最新のアメリカ知財関連情報をメールボックスにお届け。厳選された情報を日本語で配信。

日本の知財関係者が知っておきたい情報をお届け

まとめ記事で取り上げた内容をニュースレター形式でメール配信。特許を中心とした知財関連の最新判例はもちろん、明細書を書く時の注意点、ポートフォリオ管理、役立つ統計データ、ツールなども紹介。週一で発行中。

掲載まとめ記事例

An illustrative digital landscape showcasing Meta's initiative to label AI-generated content on social media platforms, emphasizing transparency, innovation, and the integration of technology for enhanced digital trust and responsibility
AI

操作マニュアルは先行技術の印刷出版物として扱われるべきなのか?

デジタルコンテンツの透明性と信頼性の向上に向けた重要な動きとして、MetaはFacebook、Instagram、ThreadsにおいてAIが生成した画像にラベリングを導入する計画を発表しました。グローバル・アフェアーズ担当プレジデントのニック・クレッグは、急速に進化するAIの状況において透明性をもってリードするというMetaのコミットメントの一環として、このイニシアチブを強調しました。

詳しく読む>>
An illustrative digital landscape showcasing Meta's initiative to label AI-generated content on social media platforms, emphasizing transparency, innovation, and the integration of technology for enhanced digital trust and responsibility
AI

Meta社がAIコンテンツ識別のためのラベリング導入へ、AIコンテンツの検出技術向上も

デジタルコンテンツの透明性と信頼性の向上に向けた重要な動きとして、MetaはFacebook、Instagram、ThreadsにおいてAIが生成した画像にラベリングを導入する計画を発表しました。グローバル・アフェアーズ担当プレジデントのニック・クレッグは、急速に進化するAIの状況において透明性をもってリードするというMetaのコミットメントの一環として、このイニシアチブを強調しました。

詳しく読む>>
Judges of the CAFC engaged in an En Banc hearing on design patent obviousness standards, highlighting the potential legal changes post LKQ v. GM case
特許出願

意匠特許の自明性基準が変わる?CAFCの大法廷で得られた判事たちの心象

LKQ v. GM裁判のおかげで、意匠特許の有効性に変化が訪れるかもしれません。2024年2月5日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、稀に見る大法廷(En Banc)での審理において、Rosen/Durlingに基づく意匠特許の自明性の基準の基礎について厳しい質問を行いました。質問の内容は多岐に渡りましたが、質疑から得られた全体的な見解は、Rosen/Durlingに対する不快感を示しており、現行基準は最高裁判例の下では厳格すぎるという印象を示しています。

詳しく読む>>

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報を
メールボックスにお届け

ニュースレターには、
氏名とメールアドバイスだけで登録できます。
1分で登録完了