米国知財ニュースレター

OLC 提供サービス

米国知財
ニュースレター

最新のアメリカ知財関連情報をメールボックスにお届け。厳選された情報を日本語で配信。

日本の知財関係者が知っておきたい情報をお届け

まとめ記事で取り上げた内容をニュースレター形式でメール配信。特許を中心とした知財関連の最新判例はもちろん、明細書を書く時の注意点、ポートフォリオ管理、役立つ統計データ、ツールなども紹介。週一で発行中。

掲載まとめ記事例

商標

ブランド保護の1つのツールとして使える Amazonのブランドレジストリプログラム

商標は、ブランドを保護するための有効なツールです。eコマースが商品の売買手段として重要性を増すにつれ、事業主は自社のブランドを第三者の競争相手から保護することが不可欠となっています。大手eコマースマーケットプレイスであるAmazonは、Amazonのプラットフォームで商品を販売しようとする企業や個人を対象に、さまざまな商標保護ツールを導入しているので、その紹介をします。

詳しく読む>>
stop-estoppel
訴訟

IPRで審査されていないクレームにEstoppelが適用される

CAFCがIPR中に訴願人がEstoppelに関わる主張を「合理的に提起できた」ため、IPRで生き残ったクレームに関する同じ先行技術文献を用いた有効性の判断を改めて裁判所で行うことはできないとしました。今回はPartial institutionが許されていたSAS判決の前のケースですが、特許訴訟にはIPRが関係することが多いので、IPRで審査されなかったクレームに関しては注意するべきでしょう。

詳しく読む>>
twitter
商標

ツイッター買収がきっけかで起こっているブランド・商標権侵害の最前線

ツイッターが最近、月額8ドルの「Blue Tick」認証料を導入して物議を醸したことを受け(日本未導入)、ブランドや著名人のなりすましが急増しました。不正行為のリスクが高まる中、ブランドや商標の専門家は、Twitterの監視を強化して不正なアカウントを発見し報告するよう求められており、特にフィッシング目的でなりすまされることが多い企業では、その傾向が顕著になっています。

詳しく読む>>

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報を
メールボックスにお届け

ニュースレターには、
氏名とメールアドバイスだけで登録できます。
1分で登録完了