テキサス州西部地区連邦管区のPTABでの扱いが変わりつつある?

訴訟手続の速さで人気を集めているテキサス州西部地区の裁判地ですが、PTABがその裁判地における訴訟進行度合いに疑問を提示するようになってきました。この傾向が進むと、テキサス州西部地区の特許訴訟であっても、IPR手続きが開始されやすくなるかもしれません。

テキサス州西部地区連邦管区(The Federal District for the Western District of Texas、略してWDTX)は、特許訴訟のメッカ。2016年以降、特許訴訟の件数は約700%増加。現状では1人の連邦裁判官(Hon.Alan Albright)が全米の特許訴訟案件の20%を担当しているという状況にあります。 

WDTXの人気の理由はそのスピード。特許訴訟の際に頻繁におこなわれるPTABにおけるIPRの特許無効手続きを凌ぐ勢いで訴訟手続を進めるため、多くの特許権者にWDTXが選ばれるようになっていった。このようなWDTXの特徴から、PTABでIPR手続きをおこなっても、開始されないということがよくありました。

しかし、PTABがWDTX訴訟における詳細を見るようになり、傾向が変わりつつあります。

 WDTXがものすごい勢いで特許判決を出す中、各案件ごとの分析レベルが問題視されるようになりました。また、スケジュール通りに進むとWDTXにおける公判が1日に20件という日も出てくる事態になっていて、現状のスケジュールでは既存の訴訟案件をこなすことが物理的にできない状態にあるという指摘も。

実際にIPRの手続き開始(institution)の判断をする際に、PTABのALJ(Administrative Law Judge、行政法判事)がWDTXにおける特許訴訟のスケジュール管理やクレーム解釈の進行具合に対して疑問視するケースも出てきました。参考:IPR2020-01280

参考文献:WDTX “Implausible Schedule” & Cursory Markman Order Highlighted

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

特許庁長官によるIPRに関する指示の発行手続きは裁判所で再審議可能(しかしその内容自体は再審議不可)

米国連邦巡回控訴裁判所は、米国特許庁長官の指示の内容は審査できないとしたが、指示を発行するために使用された手続きについては審査可能であると判断しました。その理由は、指示の手続きと内容は「完全に異なる」もののため、内容に関しては法律で裁判所における再審査が不可とされているものの、指示を発表するために長官が使用した手続きは審査可能であると結論づけました。

Read More »
hand-shaking-settlement
訴訟
野口 剛史

特許訴訟における問題解決にENEは有効なのか?

アメリカにおける特許訴訟は弁護士費用だけでも多くの負担になります。そのため、ほとんどの特許訴訟は地裁での最終的な判決を待たずに和解にいたりますが、それでも和解が成立するのが訴訟の後半で、それまでにかなりの弁護士費用を費やしているというケースも珍しくありません。そこで、early neutral evaluation(ENE)が注目され始めています。今回はこのENEについて話していきます。

Read More »