PTABでの特許無効手続きと特許訴訟の専門家は分けるべき

PTABと地方裁判所/ITCの手続きが並行して行われる場合、特許権者も申立人も、それぞれの手続きで同じ専門家を使うか、それともそれぞれに専門の専門家を雇うかを決めなければなりません。

共通で同じ専門家を使うことにはメリットもあるが…

PTABと地方裁判所で同じ専門家を使う場合、効率が上がり、意見の一貫性が高まるということが期待されます。

しかし、それ以上にアメリカの訴訟システムを考慮したときに、デメリットになる部分の方が大きいかもしれません。

なぜ別々に専門家を雇うべきなのか?

別々の専門家を使用するのが望ましい理由はアメリカの訴訟の仕組みにあります。

まず、別々の専門家を雇うことで、PTABの宣誓証言のための書類を制限することができます。また、PTABの手続きにおいて、相手側の弁護士が、並行して行われている訴訟のためのネタを引き出すために質問をしてこないので、宣誓証言を延長する傾向がありません。

また、別々の専門家を使用することで、訴訟代理人が同じ証人を2回尋問するチャンスを与えることを避けられます。

United Therapeutics Corporation v. Liquidia Technologies, Inc., 1-20-cv-00755 (DDE 2021-05-17, Order) (Jennifer L. Hall)では、別々の専門家を使用することで、特許権者は以前の解釈に関する質問を開示する必要がありませんでした。

しかし、同一の専門家を使用していた場合、おそらく、PTABに提出された以前の提出物は、デラウェア州裁判所での専門家の意見形成により関連性があると考えられれ、開示しなければならなかったかもしれません。

参考文献:Using the Same Expert at the PTAB & District Court?

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

chess-game-plan-strategy
再審査
野口 剛史

IPRを成功に導くための What, Why, and How

IPRは特許クレームを無効にするために広く使われている手続きです。また、IPRで特許クレームを無効にする理由のほとんどが自明性(Obviousness)に関するものです。自明性は主観的なコンセプトで、先行例文献を合わせることで、発明が自明か?という問題は、長い間議論されている問題です。実に、特許の長い歴史の中で、“teaching,” “suggestion,” or “motivation” (TSM) testや最高裁のKSR判決における“Obvious to try” など様々な考察点があります。

Read More »
thinking
訴訟
野口 剛史

同じクレーム文言であっても親出願における狭義は必ずしも子出願のクレーム解釈を制限するものではない

今回紹介するケースでは、親出願・子出願で同様のクレーム文言が使われており、子出願におけるクレーム解釈が親出願の審査期間中に行われた権利者による陳述によって限定されるのかが焦点になりました。結論としては、裁判所は、問題となったクレームを狭めるために親出願の審査経過を適用せず、また、決定された解釈の一部は明細書の記載に基づき本件において適切であると判断しました。今回のケースでは考慮されませんでしたが、親出願の審査で将来継続出願のクレームで使用される可能性の高いクレーム用語に関しては慎重なコメントが必要で、安易に解釈を狭めるような陳述は控えた方がいいでしょう。

Read More »