PTABでの特許無効手続きと特許訴訟の専門家は分けるべき

PTABと地方裁判所/ITCの手続きが並行して行われる場合、特許権者も申立人も、それぞれの手続きで同じ専門家を使うか、それともそれぞれに専門の専門家を雇うかを決めなければなりません。

共通で同じ専門家を使うことにはメリットもあるが…

PTABと地方裁判所で同じ専門家を使う場合、効率が上がり、意見の一貫性が高まるということが期待されます。

しかし、それ以上にアメリカの訴訟システムを考慮したときに、デメリットになる部分の方が大きいかもしれません。

なぜ別々に専門家を雇うべきなのか?

別々の専門家を使用するのが望ましい理由はアメリカの訴訟の仕組みにあります。

まず、別々の専門家を雇うことで、PTABの宣誓証言のための書類を制限することができます。また、PTABの手続きにおいて、相手側の弁護士が、並行して行われている訴訟のためのネタを引き出すために質問をしてこないので、宣誓証言を延長する傾向がありません。

また、別々の専門家を使用することで、訴訟代理人が同じ証人を2回尋問するチャンスを与えることを避けられます。

United Therapeutics Corporation v. Liquidia Technologies, Inc., 1-20-cv-00755 (DDE 2021-05-17, Order) (Jennifer L. Hall)では、別々の専門家を使用することで、特許権者は以前の解釈に関する質問を開示する必要がありませんでした。

しかし、同一の専門家を使用していた場合、おそらく、PTABに提出された以前の提出物は、デラウェア州裁判所での専門家の意見形成により関連性があると考えられれ、開示しなければならなかったかもしれません。

参考文献:Using the Same Expert at the PTAB & District Court?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

computer-code
特許出願
野口 剛史

特許庁の出願システムに不具合発生

追記:22日現在、システムが復旧しました。現地時間2018年8月15日の朝からアメリカ特許庁の特許出願システムの一部データベースに不具合が生じ、オンラインでの出願ができなくなっています。

Read More »
商標
野口 剛史

ブランド戦略:6つのポイント

1.ブランドをどのような製品・サービスに使うのか?2.どこで製品やサービスを販売するのか(日本のみ、アメリカ、世界中)?3.考えている商標は製品やサービスの機能を表したもの、もしくは、業界用語だった場合など知っておきたい6つのポイント。

Read More »
analysis-data-statistics
特許出願
野口 剛史

ビジネス方法特許の上訴はほぼ特許適格性問題だった

特許申請中に、審査官と出願人の間で議論が並行してしまう場合、出願人はPTABへの上訴をし、行政法判事に再審議してもらおうと考えることがあります。上訴は時によっては特許を権利化させるために有効な手段ですが、テクノロジーセクターごとの分布はどうなっているのでしょうか?統計データから今のアメリカ知財の現状が見えてきました。

Read More »