PTABにおける決定の一貫性向上を目指した回覧プロセスが始まる

2022年5月26日、特許庁は「PTAB Decision Circulation And Internal PTAB Reviewのための暫定プロセス」を発行しました。このプロセスは、発行前の決定書のPTAB内における回覧に関するもので、オープンな意思決定を促進し、任意ですがこの回覧で得られたフィードバックを担当審査官は決定書に反映することができます。このような回覧プロセスを追加することで、PTABにおける決定書の一貫性の向上を目指します。

プロセスの概要と対象となる決定書の種類

新しいこの回覧手続きは、すでに連邦巡回控訴裁で行われている決定書回覧プロセスに基づいており、PTABにおける特定のカテゴリーの決定書のドラフトを対象に、その決定書の発行前に、「回覧裁判官プール」と呼ばれる管理職ではない同僚の判事のグループと共有されることが規定されています。

現在のところ、少なくとも以下のカテゴリーの決定書ドラフトが回覧されるようです:

  • 全てのAIA手続きの開始に関する決定(all AIA institution decisions)
  • AIA最終書面決定(AIA final written decisions)
  • AIA再審査決定(AIA decisions on rehearing)
  • 連邦巡回控訴裁からの差戻し決定(decisions on remand from the Federal Circuit)
  • 当事者間再審査控訴決定、(inter partes reexamination appeal decisions)
  • 特定のカテゴリーの一方的控訴(certain categories of ex parte appeal)
  • 特定の一方的再審査控訴(ex parte reexamination appeal)
  • 特定の再発行控訴決定 (reissue appeal decisions)
  • さらに、審査官が他の意見を回覧する必要があると考える場合、審査官の選択により、他の種類の決定を審査のために回覧することができます

回覧審判官プールの構成

回覧審判官プール(CJP:Circulation Judge Pool)は、少なくとも8名の管理職ではないPTAB裁判官で構成され、PTAB裁判官全体を代表する技術/科学的なバックグラウンドと法的経験を有しています。各決定書は、少なくとも2名のCJP裁判官によってレビューされます。

PTAB裁判官であれば誰でもCJPに就任することができ、通常1年の任期です。CJPの最終的な選定は、PTABエグゼクティブマネジメントがボランティアのリードジャッジと協議の上、行います。ボランティアは、多様な技術的背景や専門的経験を代表するバランスの取れた委員会になるように選出されます。利害関係のあるCJPメンバーは、影響を受ける決定事項のレビューから身を引かなければなりません。

PTABにおける決定の一貫性を目指した新しい取り組み

プロセスでは、CJPのレビューの目的は、発行前の決定に対して有益なフィードバックを提供することであると説明しています。レビューされた各決定について、CJPは、関連する権威や他のPTAB決定との潜在的な矛盾や不一致に関する情報を提供し、読みやすさや文体の一貫性を改善するための提案を行います。連邦巡回控訴裁のプロセスと同様、CJPは10日間のレビュー期間がありますが、連邦巡回控訴裁のプロセスとは異なり、レビュー期間終了後に決定を保留することはできません。

CJPからのフィードバックは任意です。パネルは、決定内容に関する最終的な権限と責任を有し、CJPからのフィードバックを取り入れるかどうか、どのように取り入れるかを決定します。審査員は、適切と思われる場合には、同意見または反対意見で追加的または反対意見を表明することができます。また、裁判官は、PTAB Executive Managementと主席裁判官に決定書ドラフトに関するフィードバックを求めることができますが、このフィードバックも任意です。

連邦巡回控訴裁から差し戻された案件については、パネルは主任判事、副主任判事、および/または代理人と会合を持ち、連邦巡回控訴裁が提示した問題点および差し戻し決定の手順について協議しなければなりません。パネルは、担当のデリゲートまたはデピュティチーフジャッジにEメールを送信することでこの要件を満たすことができます。リマンド会議が実施された場合、パネルに提供される提案は任意です。

パネルへのフィードバックに加え、CJPは特許庁のマネージメントへのフィードバックも行っています。CJPは、第一印象や特許庁の方針に関わる問題など、注目すべき決定案をPTABエグゼクティブマネジメントに通知します。エグゼクティブマネジメントは、発行後にこれらの決定案を、ディレクター主導のレビューの検討のためにディレクターおよび/またはディレクターレビュー諮問委員会と、判例パネルによるレビューの検討のためにスクリーニング委員会と議論することができます。また、CJPはPTAB Executive Managementと定期的に会合を持ち、矛盾する可能性のあるパネル決定や、ポリシーを明確にする可能性のある領域について議論します。 

意図した形で機能するかは運営次第

アメリカの特許関連手続きでは、その案件の担当者によって手続きの進捗や判決結果が変わりやすいとされています。このような特徴は結果の「不透明さ」を招く可能性もあるので、今回の回覧プロセスは、PTAB手続きにおける一貫性を向上させる上ではとてもいい取り組みだと思います。特に、AIA手続きの開始に関する決定などの一部のPTABにおける決定は、CAFCに上訴不可なので、一貫性の向上がアメリカの知財システムの信頼性向上に与える恩恵はとても大きいと思います。

しかし、回覧審判官プール(CJP)の判事は、自分が直接携わっていない案件の決定書を読み、フィードバックを与えるという「追加の仕事」が出てきます。そして、適切なフィードバックをしたとしても、それが採用されるかは担当判事の任意なので、この仕組が機能するには、PTAB内での仕組みやCJPへのインセンティブ、関わる全ての人の配慮と協力が不可欠です。

すでに同様のプロセスが用いられているCAFCは、PTABよりも判事の数は少なく、司法に属しているため、お互いの意見書のドラフトを見てフィードバックを与えるという習慣が以前からあります。しかし、同じようなプロセスを100人以上の判事がいる行政機関であるPTABで行い、決定における高い一貫性を作れるかは、今後どのように運営されていくかだと考えています。

とは言うものの、特許庁も特設ページを設け情報開示を行っており、今後運営していく上で、何らかの統計データも発表されると思うので、期待してプロセスを見守って行きたいと思います。

参考文献:Patent Office Interim Process Aimed To Improve Consistency

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money
契約
野口 剛史

IPライセンス監査のすすめ

ライセンス契約を結ぶためには多くのリソース、時間とお金を使う必要がありますが、契約を結んだ後のケアーはどうしていますか?ここでは監査を行うことでロイヤルティー収入の安定化を提案します。

Read More »
商標
野口 剛史

USPTOが2022年1月から商標出願人向けの新たなID確認プログラムを開始

2022年度から2021年11月末まで(2021年10月1日から2021年11月30日まで)の付与後願書(post-grant petitions)の institution率は66%(Institution許可138件、却下71件)であり、前年度の59%から大きく低下しています。特許庁によると、申立ごとではなく特許異議申立ごとで見ると、これまでの2022年度の institution率は69%(Institution許可135件、却下60件)でした。直近8月の申立単位でのは institution率は80%(Institution許可70件、却下17件)。

Read More »