2022年3月31日までのPTABからCAFCへの控訴統計データ

PTABからの控訴に関する統計データを知っておくことは、特許訴訟戦略やIPR戦略を考える上で重要です。特に、IPRの控訴の70%以上はPTABの決定が支持されるという事実だけでも頭に入っていると、戦略に違いが出てくると思います。個別案件がこの確率通りになる保証はありませんが、相手も当然知っていることだと仮定するべき情報ではあります。

2022年3月31日までに、連邦巡回控訴裁(CAFC)は、PTABからのIPR、CBM、PGRの1,017件の不服申し立てを決定しました。これらの控訴の大部分はIPRによるものですが、PGR控訴の数は徐々に増加傾向です。一方のCBM控訴の数が減少傾向が続いています。

IPRの控訴は70%以上PTABの決定を支持

IPRの控訴において、CAFCは、累計で701件(73.33%)の全ての問題においてPTABを支持し、125件(13.08%)の全ての問題においてPTABにおける決定を取り消し、または無効としました。3月だけで、CAFCは、IPRとPGRの控訴審で14件の肯定、PGRの控訴審で1件の肯定を含む83%以上の肯定しました。

少なくとも1つの争点が肯定され、少なくとも1つの争点が取り消しまたは逆転されるという混合結果は、累積97件(10.15%)でした。また、裁判所は、33件(3.45%)のIPR上告について、本案に関する決定を下すことなく、累積的に棄却しました。棄却は、例えば、PTABのインスティテューション決定に対する一部の控訴など、CAFCが控訴を審理する管轄権を有しないと判断した場合に発生することがあります。

CBMの控訴に大きな変化はなし

続いて、CBM控訴審において、CAFCは、37件(74%)のすべての論点でPTABを支持し、5件(10%)のすべての論点でPTABを逆転または取り消し、4件(8%)の混合結果を出し、4件(8%)の棄却を出しました。これらの統計は、2022年1月31日までの前回の報告から変化していません。

PGRの件数はまだまだ少ない

PGRの控訴において、CAFCは、7件(63.64%)のすべての争点でPTABを支持し、1件(9.09%)で混合結果を出し、3件(27.27%)ですべての争点を取り消し、または無効としました。PGRの不服申し立てが棄却されたことはありませんでした。

全体で見てもPTABの決定に関してCAFCは70%の確立で支持していることがわかる

IPR、CBM、PGRの各訴訟の判決を総合すると、CAFCは、745件 (73.25%) においてすべての争点を肯定し、102件 (10.03%) において混合結果を出し、133件 (13.08%) においてすべての争点を取り消しまたは無効とし、37件 (3.64%) を却下しています。

意見書なしでPTABを支持する場合がほぼ半数

CAFCがPTAB控訴審の膨大な件数を管理するのに役立つ重要な手段は、規則36の肯定で、これにより裁判所は完全な意見書を提示せずにPTABを肯定することができます。

これまで検討された 1,017 件の IPR、CBM、PGR 控訴のうち、442 件(43.46%)でCAFCはルール 36 の肯定を行いました。また、575件(56.54%)において、肯定、逆転、棄却、混合判定を含む意見書を発行しています。発行された決定に対するルール36の確定の比率は、時間の経過とともに若干低下する傾向にあります。

参考文献:Federal Circuit PTAB Appeal Statistics Through March 31, 2022

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money
Uncategorized
野口 剛史

クラウド化で収益改善

特許事務所が企業クライアントの明細書を書く場合、ほとんどが後払いだと思います。ちかも月末に請求書を作成して、支払われるのに1ヶ月から2ヶ月かかるのがほとんどではないでしょうか?

Read More »
訴訟
野口 剛史

リモートワークの常時導入が特許侵害訴訟の裁判地に与える影響について

COVID-19の大流行は、リモートワークがアメリカ全土で広まりましたが、一時的な対策としてだけでなく、リモートワークを常時導入する会社も増えてきています。しかし、常時リモートワークになった場合、特許侵害訴訟の管轄や裁判地に影響を与える可能性があるので、注意が必要です。

Read More »
訴訟
野口 剛史

データ隠滅の罰則を受けないための電子情報の扱い方

電子データ( electronically stored evidence (ESI))の保存は企業機密訴訟において重要な役割を持ちます。しかし、アメリカの訴訟時のディスカバリーの際に正しく電子情報の取り扱いを行わないと、データ隠滅と見なされ、罰則を受けてしまう可能性があります。今回はそのようにならないための3つのポイントを解説します。

Read More »