審査履歴における免責と禁反言が非侵害につながる

出願人が特許審査中に先行技術を区別するためにおこなった主張は、クレーム範囲の放棄をする可能性があり、権利行使をする際に特許権者が侵害を示すために均等法の理論を用いる際に大きな問題になる可能性があります。

判例:TRAXCELL TECHNOLOGIES, LLC V. NOKIA SOLUTIONS AND NETWORKS

Traxcell社は、自己最適化無線ネットワークに関連する3つの特許を侵害したとしてNokia社を訴えました。連邦地裁は、クレーム用語の「位置」(location)とは「グリッドパターン内の単なる位置ではない位置」を意味し、「第1のコンピュータ」(first computer)または「コンピュータ」(computer)とは、クレームが要求する各機能を実行できる単一のコンピュータを意味すると解釈しました。これらの解釈に基づき、連邦地裁は非侵害の略式判決を下し、特許権者であるTraxcellは控訴します。

連邦巡回控訴裁(CAFC)は、特許出願人が審査中に先行技術を区別するために「格子状の位置」を否認していたことから、地裁における「位置」の解釈を支持。また、Nokia社の反証されなかった専門家の証言により、被告製品はグリッドパターンのロケーションのみを使用していることが示されたため、裁判所はこの限定に基づく非侵害の判決を支持しました。

「第1のコンピュータ」および「コンピュータ」については、CAFCは、出願人の出願時の主張に基づき、単一のコンピュータであるという限定を認めました。この解釈により、裁判所は、Traxcellは審査中に複数のコンピュータの同等品をクレームの範囲に含むことを放棄したと判断。そのため、Traxcell社はこの用語に関する均等法の理論(doctrine of equivalents)による侵害証明をすることができなくなりました。そのため、Traxcell社は、「コンピュータ」および「第1のコンピュータ」に関するCAFCの解釈の下で、文字通りの侵害(literal infringement )の証拠を提出することができなかったため、裁判所は、これらの制限に基づく非侵害の判決を支持しました。

教訓

特許の審査において、先行技術と差別化するためにクレーム内の用語に対して「定義」や追加説明を加えることがあります。クレーム自体に変更がなされていなくても、これらの用語に関する追加説明はクレーム範囲を狭める可能性があります。

そのような審査のときに行わてた主張は、訴訟で権利行使する際に不利に働く場合があります。場合によっては、今回のように非侵害という判断が下る可能性もあるので、権利行使を考えている重要な出願案件では、今回のような審査中の用語に対する追加説明であっても最新の注意をもっておこなうようにするべきでしょう。

参考文献:Prosecution History Disclaimer and Estoppel Lead To Noninfringement

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

change
特許出願
野口 剛史

アメリカ連邦政府資金が関わる知財の制約に注意

2018年に米国連邦政府出資の研究の知財に関わるBayh-Dole Ruleが改正されました。期限や報告義務等のルールが変わったので、現在アメリカ連邦政府の出資による研究等を行っている会社は改正されたルールが適用されるか確認が必要です。

Read More »
supreme-court
訴訟
野口 剛史

新しい判事の加入で最高裁の知財案件に対する考え方は変わるか?

2018年7月31日にKennedy最高裁判事が引退したことにより、現在の最高裁判事の人数は8人になりました。人数が偶数になり、最高裁判事のそれぞれの考え方の違いから、難しい法律の問題に対して4対4という状態を作らないためにも、早く「空席」を埋める必要があります。以下で説明しますが、現在の候補は特許擁護派だと思われます。

Read More »