Preambleは、特許権者の前訴および審査履歴における主張に基づいて制限されている

連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、過去の訴訟や審査履歴からPreamble(前文)にある用語の解釈を前提としたクレームの場合、クレーム範囲はPreambleによって制限されるとしました。

判例:Data Engine Techs. LLC, v. Google LLC, No.21-1050 (Fed. Cir. Aug. 26, 2021)

DET社は、Google Sheets製品が、3D電子スプレッドシートを表示およびナビゲートするためのシステムおよび方法に関する「Tab特許」の特定のクレームを侵害していると主張。しかし、連邦地裁は、前文にある「3次元スプレッドシート」という用語が限定的であると判断し、この解釈に基づき、Google Sheetsはセルの位置を3次元的に定義していないため、非侵害と判断。

CAFCは、DETが以前の控訴でこの用語を特に重要視していたことから、前文は限定的であると判断し、これを支持。DETは、クレームは3次元スプレッドシートの改良に向けられた特許適格の主題であると主張し、前文の用語に特許性の重みを置いていた。

また、CAFCは、出願人が審査中に、「3次元スプレッドシート」という部分を強調し、先行技術の拒絶反応を克服したことにも言及。よって、CAFCは、前文にある用語の解釈を前提とした非侵害の連邦地裁の略式判決を支持しました。

参考文献:A Preamble Held Limiting Based on the Patentee’s Arguments in a Prior Appeal and File History

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Uncategorized
野口 剛史

知財あるあるを漫画化

知財について学ぶのは結構大変ですよね。私もアメリカのPatent Agentの試験の時に使った教材のボリュームと専門用語にかなり振り回されました。知財のプロとして活躍していくには専門性の高い情報を常に得ることは大切ですが、知財の重要性を広めるために知財のあるあるを漫画化したらどうでしょう?

Read More »
binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

2018年4月のIPRとCBM の統計データ

4月 PTAB は41件の IPR と CBM のFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。争われたクレームの内323クレーム(62.36%)を取り消し、195クレーム(37.64%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行うことはありませんでした。いままでの争われたクレームの累計取り消し確率は、約75%です。

Read More »
laptop-working
ビジネスアイデア
野口 剛史

実案件から学ぶコンテンツ

コロナ禍で日本の雇用形態に大きな変化が起きていて、大手企業でもジョブ型の雇用にシフトしたり、副業を正式に認めたり奨励する動きもあります。それに伴い働く従業員側のマインドセットも変わりつつあるのではないでしょうか?そこで今回はそのような業界の流れをふまえて、知財専門の会員制副業サイトのニーズについて考えていきたいと思います。

Read More »