コロナ禍の一時的な処置から正式な手続きの変更へ:特許期間延長の手続きの電子化

2022年5月6日に、米国特許商標庁(USPTO)は、特許期間延長(patent term extension。PTE)の申請、中間PTE申請、および関連する提出物をUSPTO特許電子出願システム(EFS-Webまたはパテントセンター)を介してUSPTOに電子的に提出することを認めるための実務規則改正を提案しました。

特許期間延長(PTE)は、Hatch-Waxman制度の一部で、特許の対象が販売前にFDAの承認を必要とし、FDAの承認プロセスが特許付与後まで完了しなかった場合に特許期間の延長を規定するものです。35 U.S. Code § 156

コロナ禍の一時的な処置から正式な手続きの変更へ

COVID-19パンデミック以前は、PTE用の初期提出物の電子申請は禁止されていました。しかし、パンデミックによる職場の変化のため、USPTOは一時的にPTEの初期提出物の電子申請の禁止、および37 CFR 1.740(b)と1.790(b)の3部複写の要件を免除しました。それ以来、USPTOは利害関係者から非公式にフィードバックを受け、電子申請に強い支持があることを知りました。

また、USPTOとそのパートナー機関が、USPTOが処理エラーを起こすことなく、PTE提出書類のコピーを関連機関に電子送信できる新システムを導入したことにより、USPTOは、この実施規則を恒久的に変更することを提案しています。

利便性も向上

USPTOは、PTE申請のために特別に提出される限定委任状および/または連絡先住所変更のための「特許期間延長出願の限定委任状および/または住所変更」など、電子提出用の新しい文書説明を作成しました。これらの新しい書類は、PTE申請人がPTE出願の審査に、基礎となる特許とは異なる法律事務所を使用した場合、またはPTE申請人が特許出願人とは異なる事業体である場合に、USPTOによる処理エラーを減らすために用いられます。

データ開示もスムーズに

さらに、2020年6月の電子出願免除が施行されて以来そうであったように、今回の規則変更案では、PTE申請が申請と同時にUSPTOの電子閲覧システム(特許出願情報検索(PAIR)システムまたはパテントセンター)で閲覧できるようになります。これは、企業にとって、より優れた競争情報を得る機会を提供するものです。従来、第三者が関連するPTE出願を閲覧するには、承認後、数週間から数ヶ月待たなければなりませんでしたが、電子出願により、だれでも出願されたPTE申請をリアルタイムで見ることができるようになりました。

制度変更による全体的な利便性の向上に期待

全体として、これらはPTE申請プロセスの改善であり、申請者の管理負担を軽減し、申請プロセスの様々な側面を合理化し、PTE申請書の公開性を向上させるものです。この改正案については一般から意見を集めている段階で、2022年7月5日でそれが終わり、その後、正式な手続き変更が行われます。

参考文献:The USPTO proposes to establish permanent electronic filing for patent term extension applications

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。