Samsung

特許審査履歴解説: 潔くRCEを行い2回のOA対応で権利化できた案件(Samsung)

今回はSamsungの特許審査履歴を解説しました。

2023年3月14日に発行されたSamsungの特許(Patent #11,606,604)です。

今回はRCEがあったものの実質2回のOA対応で権利化された案件です。最初のOA対応ではクレーム1を全体的に補正するものの、補正内容に関してはマイナーなものだったので、先行文献との差別化を行う上でギリギリの線を攻めたのだと思います。

最終拒絶の後は潔くRCEを行い大規模な補正と共に、クレーム1の拒絶を102条から103条に切り替え、組み合わせで使われた文献との差別化を図り、見事に権利化しました。

欲を言えば、PCT出願で用いられたクレームだけではなく、ほかにも独立クレームや従属クレームを追加して独立クレーム3つ、トータルで20クレームにしてから審査をした方が良かったと思います。また、RCEのときに多くのクレームをキャンセルしたので、その変わりの新規クレームも加えることができたらさらに良かったと思います。

詳しくは、この解説を見てください

過去の特許審査履歴解説一覧はここからアクセスできます。データベースになってるので、拒絶理由や審査経緯などでフィルターでき、自分が知りたい特許審査が簡単に探せます。

こちらもおすすめ