Google

特許審査履歴解説: 文献の解釈の溝があったもののインタビューを多様しRCE1回で権利化に成功した案件 (Google)

今回はGoogleの特許審査履歴を解説しました。

2023年2月28日に発行されたGoogleの特許(Patent # 11592907)の出願履歴から考察しました。

今回のケースはクレーム補正の提案やリファレンスの解釈の溝を埋めるためにインタビューが多様されており、効果的なインタビューの利用ができていた案件だと思います。RCEは一回行ったものの、その前にちゃんと審査官からAdvisory ActionでRCEでの反論に有効な情報を得ています。

3回目のインタビューの事実はわかりませんでしたが、RCEにおけるOA対応で見事権利化に至っています。

また、審査官の103条の分析も独特で、興味深い分析が行われていました。

詳しくは、この解説を見てください

過去の特許審査履歴解説一覧はここからアクセスできます。データベースになってるので、拒絶理由や審査経緯などでフィルターでき、自分が知りたい特許審査が簡単に探せます。

こちらもおすすめ