特許審査履歴解説:クレーム不明瞭のみの拒絶でRCEまで行き、許可通知が2回来た案件(Canon)

今回はCannonの特許審査履歴を解説しました。

2022年7月12日に発行されたCanonの特許の出願履歴から考察しました。クレーム文言が不明瞭だと指摘され112条の解消に2回の拒絶+RCEを費やす形にはなってしまいましたが、文献による拒絶がなかったため「シンプル」な拒絶対応であったのかもしれません。

しかし、2回目の拒絶で指摘された審査官との理解の相違は1回目の拒絶の際にインタビューしていれば事前に解消されていたのかもしれません。もしそうであれば、インタビューによって2回目の拒絶+RCEは回避できたのかもしれません。

ただ最終拒絶の後に素直にRCEを出したのは良かったと思います。Advisory actionやAFCP 2.0では多分考慮されなかったので、そのような手続きに時間と弁護士費用をかけずにRCEの費用のみを払うのは正しい選択だったと思います。

また、審査終了後にIDSを提出したため、許可通知書が2回発行されています。IDSの提出義務は許可通知書を受け取った後でも続くので、気をつけるようにしてください。

詳しくは、この解説を見てください

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

ビジネスアイデア
野口 剛史

知財オンラインサロンの可能性

私は、Takumi Legal Community(TLC)という日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインサロンを運営しています。まだ始めて7ヶ月ほどのコミュニティですが、知財に特化した会員制コミュニティという特性とその可能性について話してみたいと思います。

Read More »
statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

IDSに記載された文献を用いてIPRを行うのは難しい

IDSで提出された文献はIPRの実施を決める上で、審査中に引用されていなくても特許庁に以前提出された同一又は実質的に同一の技術に該当します。そのため、そのような文献をベースにした主張をIPRで行う場合、特許庁が特許性について重大な形で間違っていたことを申立人が証明する必要があり、IPRの開始が非常に困難になります。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

故意侵害による三倍賠償と無効化された特許の関係性

ビデオゲームのコントローラーに関する特許侵害訴訟で、原告Ironburg 社は、被告 Valve社の故意侵害判決を勝ち取りますが、35 U.S.C. § 284基づく三倍賠償が認められませんでした。三倍賠償が認められなかった背景には、無効化された特許クレームとの関係性があります。

Read More »