賠償金はいくら?特許化された機能の差別化証拠と類似ライセンスを用いる際の注意点

特許侵害が確定しても、損害賠償の査定が適切に行われない可能性もあります。今回の判例では、損害賠償の査定が問題になり、CAFCが、被告製品の特許にされた機能と非特許の機能との間で損害を配分する証拠の重要性と、同等のライセンス理論で用いる際の注意点を説明しています。

判例:OMEGA PATENTS, LLC v. CALAMP CORPORATION

Omegaは、CalAmpを、4つの異なる特許にまたがる様々なクレームの直接侵害および誘導侵害で提訴しました。 

陪審員裁判において、Omegaは複数のライセンスを提出し、Omegaのポリシーは「1つの特許であろうと50の特許であろうと、(1ユニットあたり)5ドル」でライセンスを交渉することであるという証拠を提示しました。 陪審員は、CalAmpが直接侵害したことを認め、Omegaに1ユニットあたり5ドルのロイヤルティを与えました。 CalAmpは、Omegaの損害賠償理論は法的に欠陥があり、証拠からも支持されていないと主張し、損害賠償に関する再審を請求し、連邦地裁はCalAmpの申し立てを却下ました。

しかし、連邦巡回控訴裁(CAFC)はこれを覆し、損害賠償に関する再審を求めて地裁に再送しました。

損害賠償を証明するために、特許権者は、被告製品の特許にされた機能と非特許の機能との間で損害を配分する証拠を提出しなければなりません。 CAFCは、特許権者が、特許の特徴が被告製品の需要を促進したことを証明できず、また、特許の特徴が被告製品に付加価値を付け加えた証明をしていなかったと結論づけました。

 続いてCAFCは、特許権者の同等のライセンス理論に目を向けます。 CAFCは、Omegaが、複数の特許に対して1ユニットあたり5ドルを請求するライセンスと、単一の特許に関する仮想的な交渉との違いを適切に説明できなかったとしました。

参考文献:Patentee Failed to Apportion Licenses to Bundled Patents to Establish Royalties

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

book-flipping
訴訟
野口 剛史

ITCにおける新しいルールが2018年6月7日から有効に

100日間手続きの追加、調査の複数手続き、召喚令状への抗議、電子化などのITC手続きのさらなる効率化、合理化を目的としたルール改正が2018年6月7日から開始される(Institute)すべてのITC調査に適用されます。特に、100日間手続きでは、比較的簡単に解決できる問題に対し調査開始から100日以内に結論が出せるようになります。

Read More »
ビジネスアイデア
野口 剛史

士業のためのSNS学校

ちゃんとしたビジネスを持っている事業主がSNSで活躍して、そのノウハウをコンテンツ化し他の事業者向けに教えるという形は今後も増えてくるのではないでしょうか?今回はもふもふ不動産の「経営者のためのYouTubeの学校」を参考にして、そのポテンシャルを考えてみたいと思います。

Read More »