賠償金はいくら?特許化された機能の差別化証拠と類似ライセンスを用いる際の注意点

特許侵害が確定しても、損害賠償の査定が適切に行われない可能性もあります。今回の判例では、損害賠償の査定が問題になり、CAFCが、被告製品の特許にされた機能と非特許の機能との間で損害を配分する証拠の重要性と、同等のライセンス理論で用いる際の注意点を説明しています。

判例:OMEGA PATENTS, LLC v. CALAMP CORPORATION

Omegaは、CalAmpを、4つの異なる特許にまたがる様々なクレームの直接侵害および誘導侵害で提訴しました。 

陪審員裁判において、Omegaは複数のライセンスを提出し、Omegaのポリシーは「1つの特許であろうと50の特許であろうと、(1ユニットあたり)5ドル」でライセンスを交渉することであるという証拠を提示しました。 陪審員は、CalAmpが直接侵害したことを認め、Omegaに1ユニットあたり5ドルのロイヤルティを与えました。 CalAmpは、Omegaの損害賠償理論は法的に欠陥があり、証拠からも支持されていないと主張し、損害賠償に関する再審を請求し、連邦地裁はCalAmpの申し立てを却下ました。

しかし、連邦巡回控訴裁(CAFC)はこれを覆し、損害賠償に関する再審を求めて地裁に再送しました。

損害賠償を証明するために、特許権者は、被告製品の特許にされた機能と非特許の機能との間で損害を配分する証拠を提出しなければなりません。 CAFCは、特許権者が、特許の特徴が被告製品の需要を促進したことを証明できず、また、特許の特徴が被告製品に付加価値を付け加えた証明をしていなかったと結論づけました。

 続いてCAFCは、特許権者の同等のライセンス理論に目を向けます。 CAFCは、Omegaが、複数の特許に対して1ユニットあたり5ドルを請求するライセンスと、単一の特許に関する仮想的な交渉との違いを適切に説明できなかったとしました。

参考文献:Patentee Failed to Apportion Licenses to Bundled Patents to Establish Royalties

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。