新技術の権利化は開示内容が鍵:CAFCはサブマリン特許を懸念か?

現在確立されている物理学の法則に違反した「新興技術」に関する特許が出願された場合、米国特許庁が実験的検証を伴う結果の再現性など、通常より高い基準の開示内容を要求するのは正しいとしました。裁判所は、まだ解明されていない技術に対して慎重な立場を取りサブマリン特許を抑制したい考えなのでしょうか?

連邦巡回控訴裁判所(CAFC)はIn Re Hu 19-2104において、Quantum entanglement(量子もつれ)に関する特許出願を取り扱いました。Quantum entanglementは、量子物理学が古典物理学と相容れない最大の特徴であると考えられています。そのため、審査官が出願を拒絶した際、通常のような先行技術、相反する知識や証拠による非特許性の確立が十分できていなかったため、非特許性の一応の根拠(prima facie case)となる合理的かつ客観的な理由が与えられていたかどうかが問題になりました。

しかし、CAFCは、Quantum entanglementのようにまだ確立されていない技術に関しては、実験的検証を伴う結果の再現性など、通常より高い基準の開示内容が求められ、そのような開示がない場合、審査官が信頼できる説明や検証可能なテストデータがない状況で特許性に関して異議を唱えるのは適切だという判断を下しました。

個人的な見解を話すと、Quantum entanglementのようなまだメカニズムが完全に理解できていない技術に関して検証可能なデータがない特許を権利化させてしまうとサブマリン特許化してしまい、出願時には意図していないような実例にも適用され、社会に悪影響を及ぼすことを懸念したのだと思います。

参考記事:Incredible Claims Held to Lack Credibility

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Seiko Epson
特許出願
野口 剛史

特許審査履歴解説: 補正で完璧な差別化ができ1回のOAで権利化できた案件 (Seiko Epson)

今回はSeiko Epsonの特許審査履歴を解説しました。2023年2月7日に発行されたSeiko Epsonの特許(Pat. No: 11,567,511)の出願履歴から考察しました。1回目のOAでは独立クレームが異なる文献で102条の拒絶が2回、そして103条による拒絶が2回と、計4回拒絶されていたのですが、大幅な補正を独立クレームに加えることによって、先行技術との差別化に成功しました。どの点に注目して差別化を測るか、どこまでクレームを補正するか、は権利化の手続きにおいて非常に重要な点であり、特許弁護士としての技量が試されるものでもあります。今回は、従属クレームでも注目していなかった点を大胆にクレーム1の補正に加えたことによって、クレーム1の内容を引用された文献とは異なるようにうまく限定し、権利化につなげていました。

Read More »
訴訟
野口 剛史

ヨーロッパで統一特許裁判所が(やっと)できることに

EU加盟国が統一特許裁判所に関する協定(「UPCA」)に署名してから7年、統一特許(Unitary Patent、略してUP)と統一特許裁判所(Unified Patent Court、略してUPC)が2022年後半から開始される見込みになりました。注意したいのが、現在の欧州特許(EP)保持者がUPへの移行を望まず、現行のEPを選択することを望む場合、自発的な行動をする必要があることです。

Read More »