モデルナがCOVID-19ワクチンに関する特許侵害でファイザーとバイオテックを提訴

モデルナ(Moderna)は、8月26日、ファイザー社(Pfizer)とバイオテック社(BioNTech)のCOVID-19ワクチン(Comirnaty®)がモデルナの3つの特許を侵害しているとして、米国とドイツの両国で提訴しました。問題となった特許は、米国特許第10,898574号、同第10,702,600号および同第10,933,127号です。

アメリカの訴状はここから

これらの特許は、モデルナのCOVID-19ワクチン(Spikevax®)の開発に不可欠であったとモデルナが主張するmRNA技術を対象としています。Modernaは、PfizerとBioNTechがこの技術をコピーしてComirnaty®を製造したと主張しています。

2020年10月、モデルナはパンデミックの期間中、COVID-19関連特許を行使しないことを誓約しました。そして2022年3月、モデルナは誓約書を変更し、92の低・中所得国で使用されるCOVID-19ワクチンについて特許を行使しないことを明記しました。Modernaは、PfizerとBioNTechが他の市場について「商業的に合理的な」ライセンスを検討することを期待したとしているが、Modernaによれば、PfizerとBioNTechはこれを行わなかったという。

モデルナは、ファイザーとバイオンテックのワクチンは、Spikevax®と同じmRNAの化学修飾(chemical modification)がなされており、mRNAが体内に導入される際に望ましくない免疫反応を引き起こすことを回避していると主張しています。さらに、ファイザーとバイオインテックは、COVID-19の数年前に別のウイルスのワクチンを作る際にモデルナの科学者が開発したコロナウイルス用の脂質ナノ粒子製剤に完全長のスパイクタンパク質をコード化するモデルナの手法を模倣したと主張しています。

モデルナは、Comirnaty®の販売に関する金銭的損害賠償を要求しており、ワクチンの市場からの撤去や販売差し止めは求めていません。

参考文献:Moderna sues Pfizer and BioNTech for Patent Infringement Related to COVID-19 Vaccines

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

最終拒絶後の上手なAFCPの使い方

アメリカでは最終拒絶通知後の選択候補は多くあります。しかし、その多さからどのような対応が個別案件にとって適切かは出願人にとって悩ましい問題ではないでしょうか?そこで今回は選択候補の1つであるAFCPに関して活用する際の判断基準を紹介します。

Read More »
再審査
野口 剛史

実案件から見る新規性と自明性の違い

IPRにおいて102条における新規性への挑戦をする場合、複数の文献を用いることは避けた方がよさそうです。IPRで挑戦されたクレームの新規性の有無は原則1つの文献との比較で行われるため、複数の文献の使用は適切ではありません。複数の文献を用いる場合、103条における自明性を証明することが好ましいですが、その場合、組み合わせによる合理的な成功の期待に注意を払い、申立人が考える文献の組み合わせが当業者にとって明らかであったかどうかについての主張が特に重要になってきます。

Read More »
folders-manual
再審査
野口 剛史

IPRにおけるクレーム補正改正案

以前お伝えしたIPRにおける大規模なクレーム補正改正ですが、具体的な案がUSPTOから発表されました。これから公からのコメント期間を得て、ルール化される予定です。

Read More »