モデルナがCOVID-19ワクチンに関する特許侵害でファイザーとバイオテックを提訴

モデルナ(Moderna)は、8月26日、ファイザー社(Pfizer)とバイオテック社(BioNTech)のCOVID-19ワクチン(Comirnaty®)がモデルナの3つの特許を侵害しているとして、米国とドイツの両国で提訴しました。問題となった特許は、米国特許第10,898574号、同第10,702,600号および同第10,933,127号です。

アメリカの訴状はここから

これらの特許は、モデルナのCOVID-19ワクチン(Spikevax®)の開発に不可欠であったとモデルナが主張するmRNA技術を対象としています。Modernaは、PfizerとBioNTechがこの技術をコピーしてComirnaty®を製造したと主張しています。

2020年10月、モデルナはパンデミックの期間中、COVID-19関連特許を行使しないことを誓約しました。そして2022年3月、モデルナは誓約書を変更し、92の低・中所得国で使用されるCOVID-19ワクチンについて特許を行使しないことを明記しました。Modernaは、PfizerとBioNTechが他の市場について「商業的に合理的な」ライセンスを検討することを期待したとしているが、Modernaによれば、PfizerとBioNTechはこれを行わなかったという。

モデルナは、ファイザーとバイオンテックのワクチンは、Spikevax®と同じmRNAの化学修飾(chemical modification)がなされており、mRNAが体内に導入される際に望ましくない免疫反応を引き起こすことを回避していると主張しています。さらに、ファイザーとバイオインテックは、COVID-19の数年前に別のウイルスのワクチンを作る際にモデルナの科学者が開発したコロナウイルス用の脂質ナノ粒子製剤に完全長のスパイクタンパク質をコード化するモデルナの手法を模倣したと主張しています。

モデルナは、Comirnaty®の販売に関する金銭的損害賠償を要求しており、ワクチンの市場からの撤去や販売差し止めは求めていません。

参考文献:Moderna sues Pfizer and BioNTech for Patent Infringement Related to COVID-19 Vaccines

こちらもおすすめ