ソフトウェア特許のクレームがmeans-plus-functionと解釈されて無効になる

特許のクレームがmeans-plus-functionと解釈されると、明細書内の関連する記述に十分な構造的なサポートがないと、クレームが無効になる可能性があります。特に、ソフトウェア特許のクレームの明細書内に十分な構造に関する記述がない場合があるので、クレームはmeans-plus-functionと解釈さらないように書く必要があります。

判例:Rain Computing, Inc. v. Samsung Electronics Co., Ltd.

問題になった特許では、「ユーザーの要求に基づいてネットワーク上のクライアント端末にソフトウェア・アプリケーション・パッケージを配信する」ことがクレームの対象となっており、様々な機能を実行するように構成された「ユーザー識別モジュール」を送信することが記載されていました。

裁判所は訴訟になったクレームが、means-plus-functionであるかを判断するにあたり、まず、「ユーザー識別モジュール」という文言に注目。この「モジュール」という用語は、「means」という言葉同様に、構造を示すものではなく、特許請求の範囲と明細書の両方に関連する構造が付与されておらず、一般的に理解されている用語の意味がなかったとしました。 そのためい、裁判所は「ユーザー識別モジュール」という文言がmeans-plus-functionを示す用語であると断定。

そのため、「ユーザー識別モジュール」を含むクレームはmeans-plus-functionであるため、機能的で、明細書における構造のサポートが必要になります。

しかし、開示されている内容は、「コンピュータ読み取り可能な媒体または記憶装置」としか書かれておらず、クレームされた機能を実行するために必要な特定のアルゴリズムも記載されていない。よって、十分な構造を提供してはいないと結論づけたため、クレームが無効になりました。

参考文献:Failing to Adequately Support a Means-Plus-Function Claim Term Renders a Claim Invalid

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。