地裁以外の権利行使を考える:ITC入門 知っておきたい5つのポイント

コロナ禍で地裁における知財を含めた民事訴訟の手続きが滞っている中、ITCが注目を集めています。実際にITCを活用して救済措置を求めることを検討する場合に考慮する点は様々ですが、5つのポイントを知っておくと便利です。

ITCは特許以外の様々な知財にも対応している

多くの企業は、ITC を、特にハイテク製品に関する特許侵害訴訟を提起する場所と考えています。しかし、ITCへの申請件数が増え続けていることからもわかるように、ITCは他の様々な場面でも活用でき、特許だけでなく、著作権、商標、トレードドレス、トレードシークレットなどの侵害にも対応できます。

General Exclusion Orderはとても強力

さらに、ITC は、知的財産権の保有者が、General Exclusion Order を取得できる唯一の米国機関です。General Exclusion Order(一般排除命令) とは、メーカーや販売者がITCの調査の対象になっているか、あるいはその存在をITCに知られているかにかかわらず、すべての侵害製品の米国への持ち込みを禁止することができるとても強力な命令です。

知っておきたい5つのポイント

このように特許侵害以外でもメリットが得られるITCですが、実際にITCを活用して救済措置を求めることを検討する場合、以下の5つのポイントを知っておくべきです。

  1. 偽物、偽造品、コピー商品と戦う場合:一般排除命令はこれらに対する強力な救済策となります。
  2. 差止命令を得ることが重要な場合:ITCはeBay要素を適用しないため、侵害を証明した権利者はこの追加のハードルをクリアする必要がありません。 eBay要素とは、地裁で差止命令を得る際にクリアーしないといけない条件。地裁における差止命令が難しくなってきている原因の1つに、判例的にこのeBay要素をクリアーすることが難しくなってきているという事実があります。
  3. スピードが重要な場合:ITC の調査では、訴状が提出されてから 10 カ月以内に裁判が行われ、16カ月以内に最終命令が発効されます。また、ITCはIPRが行われても手続きを停止しないため、PTABで行われるIPRの手続きによりITC調査が遅延することはありません。
  4. 医療・医薬品関連の案件:昨年のITC調査では、5件に1件の割合でこれらのカテゴリーの製品が取り上げられており、訴訟事件に占める割合は着実に増加しています。
  5. 小規模で広範囲に所在する多数の侵害者が関与するケースの場合:手続き上の問題から地裁で訴訟を起こすと、単一の訴訟に「まとめられない」可能性が高いので、複数の地裁訴訟を行うよりも、ITCでひとまとめにした方がいい可能性があります。ITCの管轄権は全米に及び、個々の侵害者が米国内のどこにいるかに関わらず、すべての輸入製品を扱うことができます。

参考文献:”Considering the Alternatives: A Primer on the ITC – 5 KEY TAKEAWAYS” by Aarti Shah. Kilpatrick Townsend & Stockton LLP

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

CAFCが抗体組成物に関する特許を無効にしつつ方法に関する特許は有効と判断

2021年8月16日、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(以下、CGRP)を標的とした治療用抗体(therapeutic antibodies )に関するTeva社の特許について、2つの判決を下しました。いずれのケースにおいても、CAFCは、申立人であるEli Lillyが提出した当事者間レビュー(以下、「IPR」)に関する特許審判部(以下、「審査会」)の判断を支持しました。しかし、この2つの判決の結果は、特許権者であるTevaにとっては正反対のものであり、抗体に向けられたクレームは自明で無効とされましたが、これらの抗体を用いた治療方法に向けられたクレームは有効と判断されました。  

Read More »
screen with metrics
その他
野口 剛史

特許の品質、ランキング、評価

特許を評価するために特許分析ツールを使用する企業が増えてきていますが、分析ツールをちゃんと使いこなすことが適切な評価を行うのに重要です。そして、ツールは決して人による評価に取って代わるものではないということを理解してください。

Read More »
hand-shaking-settlement
訴訟
野口 剛史

特許訴訟における問題解決にENEは有効なのか?

アメリカにおける特許訴訟は弁護士費用だけでも多くの負担になります。そのため、ほとんどの特許訴訟は地裁での最終的な判決を待たずに和解にいたりますが、それでも和解が成立するのが訴訟の後半で、それまでにかなりの弁護士費用を費やしているというケースも珍しくありません。そこで、early neutral evaluation(ENE)が注目され始めています。今回はこのENEについて話していきます。

Read More »