CAFCがIPRにおける文献に依存しない自明性主張を退ける

特許を無効化させるためによく使われるIPRですが、無効理由の主張には先行文献のみが活用できます。文献が伴なわない(たとえば、専門家の報告書を参照した)主張は、認められないので、注意が必要です。

3M Company v. Evergreen Adhesives, Inc., No.2020-1738 (June 25, 2021)において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、3Mの再審請求を却下したPTABの決定を支持し、特許の2つの請求項に関する3Mの自明性の主張の拒絶を支持しました。

基礎となる当事者間レビュー(IPR2018-00576)において、3M社は、エアゾールベースの接着剤に関するエバーグリーン社の'056特許に異議を唱えました。3M社は、請求項3および4に関する自明性に基づく主張で敗訴した後、これら2つの請求項に関して再審理請求を行いました。しかし、PTABは、これは、IPRで認められている先行文献をベースにした主張ではなく、3Mが申立書で専門家の報告書を参照して言及しただけの論点をベーズに主張した内容だったので、この請求を却下しました。

CAFCはこのPTABの判断に同意し、PTABが3Mの再審請求を却下したことは裁量権を逸脱していないと判断。その結果、CAFCは、3Mの再審請求は、専門家の声明を引用することで議論を導入しようとするものであり、参照による議論の取り込みを禁止するPTABの規則(37 C.F.R. § 42.6(a)(3))を回避しているというPTABの判断を支持しました。

参考文献:Federal Circuit Says No to Incorporating Argument by Reference

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。