IPR手続き下では免責によってクレーム範囲を変更することはできない

特許権者は、IPR手続き中にクレーム範囲を否認(disclaim)することによってクレームを狭めようとすることはできません。そのため、IPRにおいてクレームを修正する場合、専用の特別なプロセスに沿う必要があります。

判例:CUPP COMPUTING AS v. TREND MICRO INC. 

IPR手続きにおいてクレーム範囲の免責をすることで、先行技術文献を回避できるのか?

Trend Micro社は、モバイルデバイスを狙った悪意のある攻撃への対処に関連する3件のCUPP特許についてIPRを申請しました。IPR手続において、CUPP社は、モバイル機器からリモートで動作する「セキュリティシステムプロセッサ」を含まない実施形態はクレーム範囲に含まれないと、免責を行いました。CUPP社は、Trend Micro社の先行技術文献には「セキュリティ・システム・プロセッサ」が開示されていないと主張しました。PTABは、免責事項によってクレームを絞り込むというCUPP社の試みを却下し、異議申立クレームは自明であると判断。CUPPはその決定を控訴しました。

免責によってクレームを否認することはIPRのプロセスを実質的に弱体化させるので認められない

控訴審において、CAFCは、CUPP社の否認を無視したPTABの決定を支持しました。CAFCは、IPRの手続き中に、特許権者が異議申立クレームを否認することによって調整することを認めることは、「IPRのプロセスを実質的に弱体化させる」ことになると説明しました。

CAFCは、議会がIPR手続きを、特許庁が 「以前の特許付与を再検討し、修正する」ことを可能にするために設計したことを指摘しました。特許権者が免責することを認めると、代わりに特許庁は、「特許権者が現状で確保したいクレームに焦点を当てる」ことを余儀なくされることになると懸念を示しました。

さらに、CAFCは、議会がIPRにおいて特許権者がクレームを修正するための特別なプロセスを創設し、その修正プロセスには、放棄によって回避されるであろうセーフガード(安全装置)が含まれていると説明しました。例えば、CAFCは、補正プロセスにより、「被疑侵害者は、実質的に補正されたクレームについて『介在権』(intervening rights)の保護を受け、当該クレームは将来的にのみ効力を有することが保証される」と説明しています。

さらに、IPRの申立人は、§102または§103に基づくクレームにのみ異議を申し立てることができるため、免責事項を受け入れることで、特許権者は§101の要件に準拠しているかどうかを精査されることなく、クレームを修正することができるようになってしまうと指摘しています。

従って、CAFCは、IPR手続における否認は、「それがなされた手続において拘束力を持たない」としました。しかしながら、CAFCは、IPRにおける特許権者による否認は、後の手続きに おいて拘束力を持つことを強調しました。

参考文献:Disclaimers May Not Be Used to Shapeshift Claims

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

man-typing-laptop
ビジネスアイデア
野口 剛史

リモートワーク応援サイト

今回の新型コロナウイルスの影響で会社や事務所に行けず、自宅で作業をしなければいけないという人も少なくないと思います。そこでクラウドベースのリモートワークに関する知恵やテクニックをみんなが紹介できるサイトやクループを作ってみたらどうでしょう?

Read More »
契約
野口 剛史

2020年の自動車とモビリティ技術の知財問題

ネットワークに接続された自動車をよく見てみると実に幅広い技術が使われていることがわかります。この技術の幅に、自動車部品の供給チェーンの複雑さが加わると、とても複雑な知的財産とライセンス問題が懸念されます。

Read More »