IPR、CBM、PGR統計データ:2021年4月と5月

PTABでおこなわれているIPR、CBM、PGRに関する4月と5月の統計データをまとめた情報です。特に大きな変化はありませんが、統計的なデータが頭に入っていると役に立つと思うので紹介します。

4月のデータ

PTAB(特許審判部)は、連邦巡回控訴裁判所からの再請求に基づく決定を含め、4月に34件のIPR、CBM、PGRの最終決定書を発行し、230(69.49%)の請求項を取り消す一方で、101(30.51%)の請求項の特許性を維持しました。なお、IPR、CBM、PGRの最終書面決定において、請求項が取り消された割合の累積平均は約73%です。

ケースごとに見ると、17 件(50%)の判決では請求項または代替請求項がすべて無効になり、8 件(23.53%)の判決では請求項がすべて存続し、9 件(26.47%)の判決では一部の請求項が存続した結果となりました。

5月のデータ

5 月に PTAB は 18 件の IPR、CBM、PGR の最終決定書を発行し、198 (76.15%)の請求項を取り消し、62 件(23.85%)の請求項の特許性を維持しました。ケースごとに見ると、13件(72.22%)の判決では、請求項または代替請求項はすべて無効になり、4件(22.22%)の判決では、制定された請求項はすべて存続し、1(5.56%)の判決では、一部の請求項が存続した結果となりました。

IPR、CBM、PGRの全体的な累積制定クレーム生存率をテクノロジーセンター別に見ると、バイオ系が一番高く41%ほど、しかし、コンピューター関連の場合は19%と大きく低下します。

参考文献にはわかりやすいグラフが掲載されているので、ぜひ参照してみてください。

参考文献:IPR, CBM, and PGR Statistics for Final Written Decisions Issued in April and May 2021

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

binders-filings-data-record
訴訟
野口 剛史

特許訴訟数が前年比大幅減少(6ヶ月レポート)

2018年1月から6月までのアメリカにおける特許訴訟は新しく1660件ありましたが、前年比で比べると15%もの減少です。アメリカにおける特許侵害訴訟案件は2015年のピークから徐々に減少しています。このような長期的なトレンドは、アメリカにおける知財権の権利行使の難しさが影響しているようです。

Read More »
LA-night
企業機密
野口 剛史

カリフォルニア州の地裁が企業機密訴訟をリード

アメリカ国内で企業機密に関わる訴訟が一番多いのはthe United States District Court for the Central District of Californiaとのことです。連邦裁判所における案件も全体で30%増えました。連邦裁判所で行われる企業機密訴訟の6%がCalifornia’s Central Districtで起こっているという事実から、今後DTSAの法解釈なのでCalifornia’s Central Districtが重要な裁判所になってくることが予想されます。

Read More »
再審査
野口 剛史

【最新】2022年度最初の2ヶ月間までのPTAB統計情報

2022年度から2021年11月末まで(2021年10月1日から2021年11月30日まで)の付与後願書(post-grant petitions)の institution率は66%(Institution許可138件、却下71件)であり、前年度の59%から大きく低下しています。特許庁によると、申立ごとではなく特許異議申立ごとで見ると、これまでの2022年度の institution率は69%(Institution許可135件、却下60件)でした。直近8月の申立単位でのは institution率は80%(Institution許可70件、却下17件)。

Read More »