IBMが長年守り続けていた特許ランキング首位の座を失う

2022年の米国特許付与のランキングで、IBMは1993年以来維持していたトップから転落し2位に、トップの座はSamsung Electronicsに移りました。Harrity LLPが作成したPatent 300ランキングによると、IBMは2022年に4743件の通常特許を取得し、2021年から44%減少した一方、Samsungはその活動を維持し、8513件の通常特許を取得しました。

IBMは、事業をハードウェアやシステムからオンラインサービスやコンサルタント業に移行しても、上位に定着しています。

しかし、2022年には、半導体やメモリなどの技術に関するIBMの特許が激減しており、このような戦略の変化は、どうやら2020年に始まったようです。ブルームバーグは、IBMのIBM研究責任者であるダリオ・ギル氏の発言を引用し、「我々は、もはや特許の数値的リーダーシップを追求せず、知的財産大国であり続け、我々の優先技術において世界で最も強いポートフォリオの1つを持ち続けることに決めた」と述べています。

このランキングは一国での活動しか表していませんが、米国市場はここ数十年、最も重要だと考えられており、このランキングは一般に、世界の特許出願活動を示すものとして受け止められてきました。IBMは、1996年以来、知的財産から約270億米ドルの収益を得ています。

ランキング上位企業

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.は、中国の通信大手である華為技術有限公司と並んで6位にランクインしており、それぞれ3,038件、3,023件の特許を獲得しています。

米国で2,000件以上の特許を取得した10位から16位は、それぞれクアルコム、ソニー、インテル、デル、アップル、アルファベット、アマゾンがランクインしています。

Patent 300にランクインしている欧州企業は、22位のエリクソン、33位のボッシュ、35位のシーメンスの3社。インフィニオンは64位、STマイクロエレクトロニクスは77位、NXPセミコンダクターズは91位となっています。

参考記事:IBM loses top spot in patent ranking held for decades

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。