「up to at least 150 volts」はどう解釈されるべきか?

「up to at least 150 volts」とはどういう意味ですか?150ボルトは「~まで」という言葉の使用による最大電圧か、「少なくとも」という言葉の使用による最小電圧か、悩ましい表記です。今回は、このような曖昧な表現の解釈で審判までいったケースを紹介します。

ケース:Ex parte Bagehorn(Appeal 2020-004760)

請求項1は、控訴された唯一の独立請求項であり、金属基板の電解研磨のための方法を対象としていました。クレームされた方法は、「270から315ボルトの電圧で電流を流す」というステップを含んでいました。

審査官は、先行技術文献を2つ考慮して、請求項1は自明なものとして拒絶。クレームの「270〜315ボルト」という電圧について、審査官は、先行技術文献の1つであるClasquinに開示されている「少なくとも150ボルトまで(up to at least 150 volts )の高電圧を使用できることが分かっている」という開示に基づいて、Clasquinは重複する電圧範囲を記載していると考えました。

審査官は、「少なくとも150ボルトまで(up to at least 150 volts )」という表現を「少なくとも150ボルト(at least 150 volts)」の範囲を教示していると解釈し、支持体としての「ニッケル基合金718」について、「少なくとも225,000A/m2という高い電流密度が150ボルト以上の電圧で使用できる」という開示を指摘しました。

しかし、控訴人は、審査官のこのフレーズの解釈は、審査官が「~まで(up to)」という先行する言葉を無視し、Clasquin全体の文脈で読むことができなかったことを示していると主張。特に、控訴人は、「少なくとも150ボルトまで(up to at least 150 volts)」という言葉は、150Vの上限を暗示しているが、「少なくとも(at least)」という言葉は、その上限にいくらかの柔軟性を与えているので、Clasquin文献は、150Vよりわずかに高いが、クレーム1に記載されている270Vの下限には及ばない最大電圧を示唆していると主張。控訴人はさらに、多くの実施例が開示されている表では、最大電圧が150Vであることを指摘。(つまり、クレームされている下限の270Vよりもかなり低い値である)

審判では、控訴人の主張が支持されました。

審査会では、審査官の解釈は、「~まで」という言葉を十分に考慮していないことに同意。「~まで」という言葉は、その平易な意味から、最小ではなく最大であることを示唆していると解釈。したがって、審査会は、文脈上、「少なくとも」という言葉は、直前の「~まで」という言葉を完全に否定するものではなく、むしろ「~まで」という言葉が示す上限が150Vよりも幾分高い可能性を示唆するものであるとしました。審査会は、この解釈がClasquin文献の表に開示されている例に裏付けられており、またClasquinの他の開示内容と一致していることにも注目しました。

そのため、審査官は、当業者がClasquin文献をクレーム1の電圧と同じくらい高い電圧を開示、または示唆しているということを立証できなかったため、審査官の自明性拒絶を覆しました。

今回のポイントは、ときに用語の解釈の仕方によっては意味が全く違うものになってしまうというものです。よくクレーム用語で解釈の違いが問題になりますが、今回のように引用された文献の文言でも同じです。大切なのは、開示内容全体と照らし合わせて内容が一致する解釈をするということでしょう。また、明細書を書くときは、「少なくとも150ボルトまで(up to at least 150 volts )」というようなややこしい表現は避け、その代わりに、 “up to around 150 volts “などの表現を使うことを心がけましょう。

参考記事:Maximum or Minimum?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

money-saving-incentive
特許出願
野口 剛史

2018年、知財管理トレンド調査

半数以上の会社や組織でR&Dへの投資が上昇。半数以上の会社や組織で過去3年間の間に特許出願が増加。このような環境の中で、 コスト削減、効率化、作業にともなうリスクの削減が求められていて、大きな課題になっている。

Read More »
desk with laptop
ビジネスアイデア
野口 剛史

リモートワークアドバイザー

現状から見て、新型コロナウイルスの影響は当面は続くと思われます。以前紹介したようにリモートワークに関する情報は結構出てきましたが、実際に自力でリモートワークを導入するための人的リソースがいないところもあると思います。そこで、リモートワークアドバイザーのようなコンサルティング業務を始めてみるのはいかがでしょうか?

Read More »
再審査
野口 剛史

新しいルールでIPRが特許権者有利にシフトか?

今年1月8日からIPRにおける新ルールが追加されました。IPRとPRGのinstitutionに関するもので、今まで申立人に有利だったルールが変更され、専門家の証言がより「平等」に取り扱われることになります。この変更により専門家の証言を見合わせていた特許権者も、新しいルールにおいて専門家の証言を提出するかどうかを再検討する必要があります。

Read More »