ユニコーン特許を生み出すには?

企業にとって非常に価値の高い「ユニコーン特許」を取得するにはどうしたらいいのでしょうか?低品質の特許がほとんどというレポートもある中、競合他社が高価値の市場セグメントに参入するのを阻止することができる特許を得るための視点をわかりやすく解説します。

価値の高いユニコーン特許

ユニコーン企業とは、評価額が10億ドル以上の非常に稀な民間企業のことです。ベンチャーキャピタリストのアイリーン・リーは、2013年に「ユニコーン」という言葉を作りました。その理由は、神話上の生き物と同じように、統計的に見て、未公開企業の中にそのような高い価値を見出す可能性は極めて低いからです。現在でも、世界のトップ10の国々には約9,000万社の企業がありますが、ユニコーンはわずか600社しかありません。

企業と同様に、特許ポートフォリオもユニコーンになる可能性があります。ユニコーンの特許ポートフォリオとは、ある市場セグメントへの競合他社の参入を阻止するために戦略的に作られた特許群です。

特許の価値を査定するにあたり、特許は3つに分類できます:

  1. 低価値特許: 競合他社が容易に回避できる非戦略的な特許。
  2. 競争阻害特許: 戦略的に作成された特許で、競合他社に最適ではないソリューションを採用させる。
  3. ユニコーン特許: 戦略性の高い希少な特許で、単独または他の特許と組み合わせてポートフォリオを構成し、競合他社が高価値の市場セグメントに参入するのを阻止する。

ほとんどの経営者に聞いてみると、自社の特許が上の2つのカテゴリーに当てはまることを自慢げに語るでしょう。しかし、企業経営者の視点と、97%もの特許が低価値カテゴリーに分類されると報告している業界アナリストの視点との間には、大きな隔たりがあります。

技術的な視点ではなくビジネスの観点で発明を評価してみる

この違いを理解し、自社の特許価値を向上させるためには、現実の世界の事実に基づいた次のような仮説を考えることが有効です。

毎年、世界の果物や野菜の約40%が廃棄されています。これは輸送中の腐敗が原因の一つです。Elimin8wasteは、この問題を解決するためのAI企業です。野菜がコンベア上を移動する一瞬の間に、同社のテクノロジーは5つの異なるパラメータを感知し、独自に訓練されたAIモデルを用いて95%の精度で賞味期限を予測します。賞味期限の長い青果物は、自動的に長距離輸送用に仕分けられます。賞味期限の短い青果物は、短距離輸送用に仕分けられ、より早く到着し、腐る前に購入・消費することができます。Elimin8waste社は、この技術によって年間数百億ドルのコスト削減が可能になると見込んでいます。

同社のCTO(最高技術責任者)であるダン・マーは、同社のAIトレーニングモデルを発明し、その特許化に期待を寄せています。チーフサイエンティストのSara Talは、水分、バクテリア、カビ、酸化、物理的ダメージなどのパラメータの特定の組み合わせに基づいて保存期間を推定するという基本的なアイデアを考案しました。タルは、感知された物理的パラメーターの特定の組み合わせに基づく賞味期限の推定を特許化したいと考えています。

しかし、Elimin8wasteが発明者の提案通りにどちらかの発明を特許化したとしても、結果として得られる特許の価値は低いと思われます。その理由は以下の通りです。

競合他社は、同様の結果が得られる別のトレーニングモデルを採用することで、Mah氏のトレーニングモデルに関する特許の侵害を回避する可能性があります。さらに、競合他社がMahの正確なトレーニングモデルをコピーしたとしても、Elimin8waste社はどうやってそれを知るのでしょうか。モデルトレーニングは、裏で気づかれないように行われています。特許侵害が発見できなければ、侵害を止めることはできません。さらに、特許には発明の詳細が記載されていなければならないので、Mahの特許は必然的に競合他社に発明を教えてしまうことになり、Elimin8wasteには侵害を検知する手段がないのです。そのため、マー氏のトレーニングモデルは企業秘密にしておいた方がいいでしょう。

Talの発明は、やや有利です。センシングされた物理的パラメータの正確な組み合わせを特許化することは、競争を阻害する可能性がありますが、競合他社は、侵害を回避するためにパラメータの1つを削除または代替する方法を見つけるかもしれません。そうすれば、業界全体がElimin8wasteの特許を回避できるかもしれません。

残念ながら、ほとんどの特許はこのようなもので、商業的に価値のあるブロックポジションを作るために戦略的に作られたものではありません

Elimin8wasteはどのようにしてユニコーン特許を取得するのでしょうか?

Eliminat8wasteは、技術的なニュアンスから離れ、ビジネスの現実を考慮することで、この技術を商業的に利用可能にするためには、コンベヤー上で1分間に80個以上の農産物を高速で選別する必要があることに気づくかもしれません。

そうでなければ、この技術は単なる理論上のものであり、商業的に実行可能なものではありません。したがって、Elimin8wasteは、検出が困難な特定の技術的ニュアンスを特許化するのではなく、「各青果物の物理的パラメータを感知し、賞味期限に関する指標を決定し、その指標に基づいて各青果物を選別する」「コンベアシステム」を保護することができます。

この発明の定義は、すべての競合他社が競争するために必要とする最低限のものです。したがって、このような特許を含む特許ポートフォリオは、ユニコーンの保護を提供する可能性があります。このイノベーションはAIによって実現されていますが、大まかに表現された保護はAIに言及していないことに注目してください。必要性がないのです。もちろん、より強固なブロックポジションを構築するために、より狭いフォールバック保護を求めることもできます。

要するに、ユニコーン特許の保護は、技術的なニュアンスから一歩引いて、戦略的に保護を一般化することで、競争力のある市場への浸透を阻止することで達成されるのです。 

参考記事:Unicorn Patents

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

camera-parts
特許出願
野口 剛史

プロダクト・バイ・プロセス クレーム の有効性

プロダクト・バイ・プロセス クレームでモノをクレームする際は、その工程を経て得られるモノを明確に示す必要があります。今回は、プロダクト・バイ・プロセス クレームを使うべき状況に加え、明確性を上げるクレームの書き方も提案しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Read More »
import
訴訟
野口 剛史

ITCによるSeizure and Forfeiture Order

ITC調査の後、知財侵害が認められた場合、排除命令が発行されますが、その命令後も不法な輸入がある場合、Seizure and Forfeiture Orderが発行される場合があります。

Read More »
訴訟
野口 剛史

Appleを悩ますイギリスのFRAND問題

今回のAppleに対する訴訟を見ると、イギリスは標準必須特許(SEP)の所有者にとって、意欲のないライセンシー(unwilling licensees)から適切なSEP費用を獲得するのに有利な管轄であることがわかります。

Read More »