USPTOによる効果的な審査官との面接方法

以前から現地の実務者と意見交換を行う際にインタビューの重要性は注目されてきました。今回は、特許庁の責任者が公式の立場で効果的な審査官との面接方法を紹介しているので、特に興味深い内容でした。オンラインでの申込みやビデオツールの導入によって、アメリカにおける権利化のためにインタビューがより重要になってくるのは間違いありません。

審査官インタビューは、米国特許出願の審査を進める上で不可欠な場合が多く、インタビューを行うことで大多数の出願で審査を進めることができます。

米国特許商標庁(USPTO)の中西部地域事務所は、2021年3月24日、中西部地域事務所の地域ディレクター特別顧問であるVivek Koppikar氏を招いて、「Conducting an Effective Patent Examiner Interview」と題したウェビナーを開催しました。Koppikar氏は、USPTOのポリシーやガイドライン、審査官のトレーニング、面接の傾向、自動化された面接リクエストフォームなど、様々なトピックについて語りました。

以下が、Koppikar氏がプログラム中に共有した有益な情報です:

  • 審査官によるインタビューは、特許出願の審査と処分をタイムリーに行うというUSPTOのポリシーガイドラインに沿ったもの。面接時間は、2008年以降、増加傾向。2020年には、審査官は年間約32時間の面接を行っている。
  • 審査官のトレーニングには、模擬面接、ポリシーガイドラインの確認、技術トレーニングなどが含まれている。審査官トレーニングは、少なくとも年に1回行われている。Koppikar氏は、特許実務家は審査官との面接を躊躇なく設定すべきだと強調。
  • AIR(Automated Interview Request Form)は、出願人が審査官との面接を要求するためのツールの1つ。2020年12月の時点で、AIRを使った面接申請は14万件を超えている。申請者がAIRフォームを提出すると、審査官には確認のメールが届く。確認メールには、インタビューの提案された日時と希望するインタビューの種類(電話、ビデオ、対面)が記載されていて、審査官は1営業日以内にメールまたは電話で回答し、次のステップを明確にする必要がある。審査官が申請者と電子メールでコミュニケーションをとるためには、インターネット認証が必要。インターネットオーソリゼーションはメールでは提出できませんので、EFS、AIRフォーム、FAX、郵便、USPTOカスタマーサービス窓口などで提出する必要がある。ビデオ会議の場合も承認が必要。USPTOは最近、特許出願人が審査官インタビューを行うためのビデオ会議ツールの使用を許可することを容易にするためにポリシーを更新し、出願人が口頭でビデオ会議インタビューを要求し、許可できるようになった。
  • USPTOでは、特許実務者向けのオンラインリソースを用意している。各テクノロジーセンターの面接スペシャリストは、必要に応じて審査官面接に立ち会うことができる。また、審査官の行動やパフォーマンスに問題がある場合は、品質保証スペシャリスト(QAS)がリクエストに応じて対応可能。

最初のオフィスアクション前のインタビューは有益か?

ウェビナーのQ&Aセッションでは、参加者からインタビューの練習について質問がありました。その中で、Koppikar氏は、最初のオフィスアクション前のインタビューは有益であると考えているのかという質問がありました。

Koppikar氏は、最初のオフィスアクション前のインタビューは、審査官が出願書類を十分に検討する機会がないため、通常は有益ではないと考えていると述べました。37 CFR 1.133(a)(2)には、「係属中の出願の特許性を議論するための面接は、最初のオフィスアクションの前には行われない。ただし、その出願が継続出願または代替出願である場合、または審査官がそのような面接がその出願の審査を前進させると判断した場合はこの限りではない」と記載されているため、審査のこの段階では面接を行うことができないかもしれません。

Koppikar氏はまた、USPTOのFull First Action Interview Pilot Programの下では、出願人は要求に応じて、本案に関する最初のOffice Actionの前にFirst Action Interviewを受ける権利があったことを指摘しています。しかし、このプログラムは、使用されなかったことが主な理由で廃止されました。このプログラムへの参加要請を出願人が提出できる最終日は2021年1月15日でした。

インタビューを賢く使うことは重要

Koppikar氏はウェビナーの最後に、USPTOでの20年の経験から、審査官インタビューを利用して審査を短縮し、問題点を明確にすることの重要性と利点を確信していると述べました。審査官は面接の準備やトレーニングに時間をかけており、特許実務家との議論は全体的に生産的で奨励されていると述べています。ウェビナー全体を通して、審査中の審査官との効果的なコミュニケーションの利点と重要性が強調されました。

参考文献:”USPTO Provides Guidance on Conducting an Effective Patent Examiner Interview” by Christina Sperry and Paul Brockland. Mintz

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

stop-estoppel
再審査
野口 剛史

IPRは一発勝負

Alcatel-Lucent USA Inc. v. Oyster Optics, LLCにおいて、 PTAB は、35 USC § 314(a)による裁量権を考慮し、 IPR 手続きを却下しました。その理由として、 (1) 申立人は同じような理由の IPR 申し立てを以前行っていた、(2) 2回目の申し立ての提出までの遅れの説明ができていなかった、 (3) 2回目の申し立てに含まれていた先行例の存在を1回目に申し立ての際に知っていたという3点を示しました。

Read More »
未分類
野口 剛史

ネタに困らないウェビナー解説動画

これまで知財系ブログ、ニュースレター、ウェビナーなどどれもコンテンツの元となるネタが大切なビジネスアイデアを提案してきましたが、今回はネタに困らないウェビナー解説動画の紹介します。考え方は簡単で、自分でオリジナルコンテンツを作れないなら、他人のコンテンツを使ってしまおうというアプローチです。

Read More »