CAFCが故意の侵害に対する別基準は存在しないことを明確化

SRI Int’l, Inc. v. Cisco Sys., Inc., No. 2020-1685 (Fed. Cir. Sept. 28, 2021)において、米連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、陪審員の故意侵害の判断を支持し、連邦地裁の追加損害賠償の裁定を復活させました。

この事件の一回目の控訴において、CAFCは、連邦地裁が故意侵害を認めなかった判決および追加の損害賠償の裁定を無効としました。再審理の結果、連邦地裁は、Ciscoの行為が「意図的、悪意のある、悪意に満ちた行動」(wanton, malicious, and bad-faith behavior)のレベルに達していないと判断し、故意侵害の陪審員の評決を取り消しました。また、故意の侵害ではないと判断した連邦地裁は、損害賠償額の増額を認めることを拒否。

2回目の控訴である本案件において、CAFCは、陪審員が下した故意侵害の判断に対して実質的な証拠が裏付けていると判断し、陪審員の評決を復活させました。その際、CAFCは、追加の損害賠償(enhanced damages)を正当化する行為と、より低い基準である故意侵害(willful infringement)との区別を明確にしました。

故意侵害には、「意図的な侵害ではないこと」(no more than deliberate or intentional infringement)が必要です。一方、追加の損害賠償enhanced damages)は、「意図的、悪意のある、悪意に満ちた行動」(wanton, malicious, and bad-faith behavior)に対してのみ適用されると、その違いを明確にしました。

また、CAFCは、連邦地裁が最初に下した追加の損害賠償の裁定を、故意侵害の評決が復活したことを考慮して適切なものとし、最初の裁定に裁量権の乱用はないと判断しました。

参考文献:Federal Circuit Clarifies That There Is Not a Heightened Standard for Willful Infringement

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。