著作権登録のミスで$1Mを取り逃がす?

著作権侵害訴訟で賠償金を得るも、登録時のミスが発覚し、それが原因で高裁で逆転。最高裁で、著作権登録時のミスと登録抹消の基準が審議される予定です。

ファブリックデザイナーのUnicolorsが2016年の著作権侵害訴訟でH&Mに対して約100万ドルの賠償金を勝ち取った後、H&Mは著作権申請に誤りがあることを指摘。それを理由に著作権登録は無効であると主張して控訴しました。第9巡回区控訴裁判所は、Unicolorsは著作権申請書の不正確さを認めたため、著作権申請書は無効とされ、地裁の判決が覆りました。

著作権訴訟で、法定で定められた損害賠償や弁護士費用を受け取るための前提条件が、著作権登録であるため、著作権申請が無効になれば、判決が取り消されることになります。

現在、このケースは最高裁まで行き、審議されることが決まっています。

最高裁では、単に登録時の重要でないミス(immaterial registration errors)であっても、著作権登録が無効になるか?それとも、無効とみなされるためには、不正行為(Fraud)のような証明することが難しい行為があったことを示さないといけないのか?が焦点になります。

最高裁の審議はまだこれからですが、最高裁が同判断するにしても、アメリカで著作権申請する際は、ミスがないように最新の注意が必要です。そのためにも、著作権登録を専門としている弁護士を代理人として雇うのがいいでしょう。

参考文献:Simple Mistake on Copyright Registration Could Cost $1 Million

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

supreme-court
特許出願
野口 剛史

米国最高裁が特許適格性に関するAmerican Axleの上訴を却下

OLCでも取り上げてきたAmerican Axleのケースですが、最高裁が審議を拒否したため、最高裁が機械系の発明に関する特許適格性に関して言及することはありませんでした。最高裁が特許適格性に関して最後に言及したのは2014年のAlice事件であることを考慮すると、今後最高裁が特許適格性に関する明確な方針を示す確率は低そうです。

Read More »
arrows-go-up
再審査
野口 剛史

PTABにおける特許無効手続きが増加傾向

2020年はPTABにとって多忙な年でした。COVID-19パンデミックにも関わらず、2020年度のAIA裁判の申立件数は全体的に増加し、2021年も特許訴訟の増加に伴いAIA裁判件数も更に増加することが予測されています。今回は、件数のトレンド、統計データによる当事者の有利・不利、2021年の予想を考察していきます。

Read More »