2022年4月30日までの連邦巡回控訴審の統計データ

今年4月末までのPTABからCAFCに控訴された案件の統計データを見ると、IPRがその大半を占め、さらにそのIPR控訴の約73%がPTABにおける結果を全面的に支持するものになっています。個別案件における控訴の判断は各案件の状況に応じて判断されるべきですが、このような統計データと傾向も考慮するといいでしょう。

控訴件数とその内訳

2022年4月30日までに、連邦巡回控訴裁(CAFC)は、PTABからのIPR、CBM、PGRの1,035件の不服申し立てに対処してきました。これらの控訴の大部分はIPRによるもので、PGR控訴の微増をCBM控訴の減少がうまく相殺しているような現象が見られます。

控訴件数の大半を占めるIPRの控訴結果の内訳

IPRの控訴において、CAFCは、累計で708件(72.76%)においてPTABを支持し、129件(13.26%)においてPTABの決定を覆す、または取り消し、102件(10.48%)において混合(少なくとも1つの争点が肯定され、少なくとも1つの争点が取り消し、または、覆った)の判決を下しました。また、裁判所は、本案に関する判決を下すことなく、34件(3.49%)のIPR控訴を棄却(Dismiss)しました。棄却は、例えば、PTABにおける審査開始(Institution)決定に対する一部の控訴など、CAFCが控訴を審理する管轄権を有しないと判断した場合のことを指します。

CBMの控訴結果の内訳に大きな変動はなし

CBM控訴審において、CAFCは、37件(74%)においてPTABを支持し、5件(10%)においてPTABをの決定を覆す、または取り消し、4件(8%においてPTABをの決定を覆す、または取り消し、。これらの統計は、2022年3月31日までの内訳から変更はありません。

PGRの控訴は数えるほどしかない

PGR控訴において、CAFCは、7件(58.33%)においてPTABを支持し、1件(8.33%)においてPTABをの決定を覆す、または取り消し、4件(33.33%)においてPTABをの決定を覆す、または取り消しました。またPGRの不服申し立てが棄却されたケースはありませんでした。

全体で見ると70%以上がPTABを肯定する結果に

IPR、CBM、PGRの各控訴の判決を総合すると、CAFCは、752件 (72.66%) においてすべての問題を肯定し、107件 (10.34%) において混合結果を出し、138件 (13.33%) においてすべての問題を取り消しまたは撤回し、38件 (3.67%) を棄却しています。

意見書なしの肯定が減少傾向にある

CAFCは、PTAB控訴審の膨大な件数を管理するための重要な手段として、完全な意見書を提出することなくPTABを支持するRule 36 affirmanceを採用しています。これまで検討された1,035件のIPR、CBM、PGRの控訴のうち、447件(43.19%)で、CAFCはRule 36 affirmanceの肯定を行いました。つまり残りの588件(56.81%)の事件においては、CAFCは何らかの意見書を発表したことになります。

統計を追っていくと、Rule 36 affirmanceが活用される頻度は若干ですが減少傾向にあり、そのトレンドは今回の結果でも見られます。

参考文献:Federal Circuit PTAB Appeal Statistics Through April 30, 2022

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。