アマゾンの模倣品・不正品対策への取り組み

アマゾンはこのほど2022年のブランド保護レポートを発表し、2021年の模倣品対策に関する主要な取り組みの進捗と、それらの分野で引き続き成功を収めるための計画について報告しました。多くの資金と人材、リソースを投入し、ブランドがアマゾンで商品を販売していなくても模倣品対策ができる仕組みができており、アマゾンはeコマースで信頼できるマーケットプレイスとしての立場をより強固にしています。

2022年のブランド保護レポート

アマゾンブランドプロテクションの主要目標

アマゾンは、前年度の主要目標に引き続き、(1)製品の真贋に関する強固なプロアクティブ制御、(2)ブランド保護ツール、(3)偽造者の責任追及、(4)消費者の保護と教育の4つの主要分野における進捗と今後の計画について概説しています。この体制のもと、アマゾンは「地球上で最もお客様を大切にする企業」を目指し、消費者が「可能な限り幅広い品揃えの中から本物を見つけ、発見できる」ようにすることを掲げています。

アマゾンは近年、自社プラットフォームで販売される偽造品や不正商品に対する苦情の増加、あるいは消費者やブランドの保護に対する正当な懸念、あるいはその両方から、数多くの偽造品対策を打ち出しています。第2回目のAmazonブランド保護レポートでは、これらの主要分野におけるアマゾンの進捗と成功について概説しています。

堅牢なプロアクティブコントロール

アマゾンによると、2021年には9億ドル以上を投資し、12,000人以上の機械学習科学者、ソフトウェア開発者、専門調査員を雇用し、権利者や法執行機関と連携して、消費者とブランドを偽造、詐欺、その他の形態の不正行為から保護することに成功したとのことです。2021年のこの分野での取り組みには、アマゾンの対面認証プログラムへの新規出品者の100%参加が含まれ、アマゾンで新規出品者のアカウントを確立する前に、すべての新規出品者がアマゾンのチームメンバーと直接会って、身元と書類を確認することが義務付けられています。昨年、アマゾンは、以前に特定された悪質業者による新しい販売アカウントの作成を250万件以上阻止し、2020年の6億件以上から大幅に減少させました。

アマゾンのブランド保護

2021年には、アマゾンのブランドレジストリプログラムなどの自動ブランド保護ツールの導入が進み、参加するアクティブなブランドが前年比40%増の70万以上に増加しました。ブランドレジストリは、アマゾンでの商品販売の有無にかかわらず、ブランドオーナー向けの無料サービスで、ブランドがアマゾンにおけるブランドと知的財産権の管理と保護を強化することを可能にします。このプログラムにより、ブランドは侵害を追跡・報告することができ、機械学習と各ブランドが提供するデータを活用した、より自動化された保護を提供します。2021年には、参加ブランドにおける侵害の報告が25%減少したと報告されています。これは、既存の出品者による80億件以上の商品変更の試み(2020年の50億件から増加)をスキャンし、侵害、詐欺、偽造品の疑いがあるとして40億件以上の出品をブロックするなど、アマゾンが活用する自動化プロセスによるものと思われます。また、AmazonはIP Accelerator、Project Zero、Transparencyといったプログラムへの参加も増やしており、これらはすべて、個々のブランドが自身の知的財産に対して持つ管理能力と、Amazonから非正規品を特定し削除する能力を高めることを目的としています。

模倣品に対する責任追及によるアマゾン・ブランドの保護

アマゾンは、悪質業者に対する説明責任の強化にも注力しており、元連邦検察官、FBI捜査官、経験豊富な捜査官、データアナリストで構成されるアマゾン偽造犯罪ユニット(Counterfeit Crimes Unit、CCU)を活用し、警察や税関と直接情報を共有して偽造品在庫の特定と押収、偽造品の輸入・販売に関わる者の訴追を進めています。2021年、アマゾンは170以上の模倣品業者に対して米国の裁判所で民事訴訟を起こし、米国、英国、EU、中国において600以上の悪質業者を提訴または捜査に付しましたが、これは前年比300%の増加となっています。

また、アマゾンはYeti、GoPro、HanesBrands、Valentino、Weber、Salvatore Ferragamo、Whirlpool、Proctor & Gambleなどのブランドと提携し、世界規模で模倣品撲滅に取り組んでいます。アマゾンの取り組みは、米国国土安全保障省とロサンゼルス郡保安官事務所の共同作業につながり、120万ドル以上の偽造自動車部品を押収することに成功しました。また、AmazonとSalvatore Ferragamoが提供した情報により、中国市場監督管理当局が倉庫に踏み込み、偽造ベルトのバックルやベルトを押収したことがあります。また、アマゾンは2021年に、小売業者間の情報交換を促進し、法執行機関が利用できるリソースを増やすことで、偽造を阻止するための民間と公共部門のパートナーシップに関する青写真を発表しました。これには、偽または詐欺的なマークがブランドレジストリへの登録に使用されないように、アマゾンとUSPTOの間のコミュニケーションと情報交換を強化することが含まれています。 

消費者の保護と教育

アマゾンは、消費者の保護と教育をさらに強化するため、2021年のホリデーシーズン前に、米国商工会議所グローバル・イノベーション・ポリシー・センターとの提携を報告し、消費者向けに模倣品を避けるための10のポイントを発表しました。この取り組みに伴い、アマゾンとそのパートナーは200以上のメディア地域のテレビ局からインタビューを受け、アマゾンの幹部は2つのウェビナーでその内容を取り上げました。また、アマゾンは消費者へのコミットメントを継続し、後に非正規品と判明した商品を購入したお客様に積極的に注意を喚起し、全額返金に応じました。

ブランドや消費者に対する模倣品やその他の不正行為の被害が、特にオンラインプラットフォームにおいて世界的な懸念となっている中、アマゾンは、消費者の保護のため、そして今や世界中のブランドのために、そのような商品の流通を食い止めるための継続的な取り組みに専念しているように見受けられます。これらの取り組みが成功するかどうか、また、模倣品への関心が高まることで、ブランドと消費者の双方にとって、非正規品の購入がもたらす損害に対する社会の認識が高まるかどうか、小売業界の注目が集まることは間違いないでしょう。

2022年のアマゾンブランドプロテクションレポートの主なポイント

アマゾンは、ブランドと消費者を偽造品から保護することを目的とした以下のような様々なブランド保護ツールや要件の使用を通じて、最も幅広い正規品の選択肢を持つ顧客中心型の企業になる意向を示しています。

  • 製品の真正性を確保するための積極的な管理の実施
  • 新しいブランド保護ツールの追加
  • 模倣品業者への責任追及
  • 消費者保護のための教育

参考記事:Amazon’s Efforts to Combat Counterfeiting and Fraud

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

商標
野口 剛史

アメリカにおける商標登録の取り消し手続き

登録商標の権利者でも、商標登録に異議を唱える会社でも、アメリカで提供されている様々な商標取消手続を理解することが重要です。特に、アメリカにおける商標はうなぎのぼりで、今後より多くの商標権による保護と権利行使が予想されています。

Read More »
訴訟
野口 剛史

COVID-19への対応: PREP法から見た特許侵害免責の可能性

多くの企業は、医療従事者向けに個人用保護具(Personal Protective Equipment: PPE)を製造・販売することで、COVID-19との闘いに貢献したいと考えています。しかし、特許侵害訴訟の脅威にさらされる可能性があることから、企業は躊躇してしまうかもしれません。しかし、PREP法の解釈によっては、この脅威を軽減できるかもしれません。

Read More »