生成AIを使ってアメリカのOA対応はできるか? 〜1. 準備編〜

Generating AI used to verify if OA responses in the U.S. can be done.

近年、生成AIの発展により特許業界でも効率化や品質向上が期待されています。本記事では、アメリカ特許出願におけるオフィスアクション(OA)対応に生成AIを活用できるか検証します。結論として一定の成果は得られましたが、実務レベルで使うには経験とノウハウが不可欠であることが分かりました。本記事では『準備編』として、検証に至る経緯とAIに取り込むデータの検証を中心に解説。次回以降で、OA・先行文献・クレームの検証とOA対応の実務を紹介していきます。